寒い冬の外出にオススメなアイテム「充電式カイロ」

  • 2021年11月21日
  • 2021年11月21日
  • 生活

冬の寒い日は、朝布団から出たくなかったり、手を洗ったりするのも億劫になりませんか?

僕は冷え性なので、布団から手を出すこともためらってしまうくらい寒いのが苦手です。

外出時も手袋がないと、手や指先が冷えて仕方がないくらい…

そんな僕と同じく冷え性の方にオススメなアイテムが「充電式カイロ」です。

広告

充電式カイロとは?

充電式カイロは、その名の通り充電して繰り返し使えるホッカイロのことです。

使い捨てではないので、一度開封したら最後まで使い切るしかない…ということにはなりません。

ゴミが出ないのも充電式カイロのいいところですね。

写真のように手のひらサイズでコンパクトなので気軽に持ち運びが出来ます。

使い捨てより重いですが、僕が使ってるものはあまり重く感じませんでした。

大きさも使い捨てとあまり変わりませんが、厚さがあるので、気になる方がいるかもしれません。

僕はポケットに入れてもあまり気にならなかったです。

オススメの使い方

充電式カイロは、電源をONにすると5~10秒くらいですぐに温まるので、使いたい時にすぐ温めることが出来ます。

しかし、バッテリーの持ち時間もあるので、充電できない外にいる時は使い方を考えないといけません。

一日中外にいる日は、昼間は暖かいので、電源OFFにしておき、

気温の低い朝と夜だけ電源をONにするという風に使い時を選んでいます。

稼働時間が限られているので、時間帯で電源を切り替えたり、温度設定が出来るものであれば、温度調節をすれば長く使えます。

 

 

もう一つオススメの使い方は、手を洗った後です。

特に冷え性だと水で手を洗ったあと、ずっとポケットに手を入れたくなる程冷えてしまいますよね。

そんな時に予めカイロの電源を点けておき、手を洗った後すぐに温めるという使い方も出来ます。

冷え性の方にはこれがかなりオススメ!

広告

使用している充電式カイロ

僕が使用している充電式カイロはこちら


 

最初の方に写真でお見せしたものと同じです。

コンパクトで、ポケットにも入りやすい形状になってます。

温度が3段階調整でき

  • 低温モードは35~42℃
  • 中温モードは42~48℃
  • 高温モードは48~55℃

と広範囲で温度の調節が可能です。

バッテリー稼働時間は、低温モード約8時間、中温モード約6時間、高温モード約4時間

高温モードにすると短くなるので、普段は低温モードにしておき、気温によって変えていくのがオススメ!

温めるだけでなく、スマホの充電器にもなるので、使わない時期は充電器としても活躍します。

1年中活躍の場があり!

色は黒のほかにもピンクとブルーがあります。

 その他の充電式カイロ

他にも色々な種類のカイロがありますが、形状や機能は上記で紹介したものと似たものが多いです。

 

可愛い絵の入ったカイロや肉球の形をしたカイロも!

 

 

デザインや稼働時間は機種によって 異なるので、好みや用途で選ぶのがいいと思います。

まとめ

充電式カイロのメリットは

  1. 何度でも使える
  2. すぐに温まる
  3. 温度調節ができる

の3点です。

反対にデメリットは

  1. 稼働時間が短い
  2. 使い捨てカイロより高い・重い

ということが挙げられます。

ただ、一度買ってしまえば使い捨てカイロを何度も買わなくて済むので、長期的に見たら充電式の方が断然安くなります。

重さは、どうしても使い捨てより重くなってしまいますが、手に持ったり、ポケットに入れたりしてもあまり気になりません。

僕の持ってるiPhone11proの方が気になる(笑)。

総合的に見て、充電式カイロはとても便利なので、寒い冬にはぜひオススメのアイテムとなっています。


 

広告