副業や在宅ワークを快適に!ゲーミングチェア「AKRacing」のレビューはこちら

賃貸物件申し込み後のキャンセルや返金手続きはめんどくさい?

賃貸契約の申し込みをした後、

他にいい物件が見つかったり、やむを得ない事情でキャンセルしたくなるときもありますよね。

この場合

  • キャンセルは可能なのか?
  • 申込み時に頭金を支払っていた場合は返金されるのか?

といった疑問を僕の実体験から解説していきます。

目次

申し込みのキャンセルは可能、頭金も返金される

結論から申しますと、申し込み後のキャンセルは可能です。

また、頭金(手付金ともいう)の返金もされます。

キャンセルできるのは契約前まで

賃貸の申し込み~入居審査通過まではキャンセルが出来ます。

その後、契約書にサインをしてしまうとキャンセルが難しくなります。

一応キャンセルは出来ますが、一旦契約をしてしまうと違約金が発生してしまうので、キャンセルするなら契約前に済ませておきましょう。

キャンセルの連絡は早めに

キャンセルをしなければならなくなったら早めに不動産へ連絡しましょう。

一度申し込みをしたら書類などの準備が始まったり、他にも入居希望者が出るので他の人の迷惑にならないようすぐに連絡をした方が良いです。

理由などしつこく聞かれる場合もあるので、理由も合わせて考えておきましょう。

頭金の返金も可能ただし注意点あり

物件の申し込み時に『頭金』『手付金』『預り金』

などの名目で先にお金の支払いを要求される場合もあります。

本来ならばこういった類のお金を支払う義務はないのですが、不動産によっては支払いを要求されることもあります。

任意なので断っても申し込みはされるはずですが、悪徳不動産だと「払わなければ申し込みが出来ない」などと言われることがあります。

僕は、何も疑うことなく支払ってしまいました。

支払ってしまった場合でも法律上返金しなけらばならないので、しっかり返金もされます。

しかし、悪徳不動産だと返金してもらえないこともあるようです。

この対策としては、支払う前に返金の確認をしておくことです。

この時も物的証拠として録音しておくか返金の旨を記載したメールを送ってもらいましょう。

両学長も手付金は払ってはいけないと言っていましたね。

返金手続きはめんどくさい

しっかり返金してもらえると思っても、返金には手続きが必要になるので意外とめんどくさいです。

返金明細書にサインする

キャンセル後、頭金を返金してもらおうとすると返金明細書にサインをしなければならない場合があります。

僕はメールで送られてきて、銀行口座番号を記入、サインと捺印をしてメールで返したのですがそれでも面倒でした。

家にプリンターがあれば多少は楽なのですが、わざわざコンビニに行きpdfファイルを印刷し、家でサインした後もう一度コンビニで返金明細書をスキャンする

という家とコンビニを2往復したのでなかなか大変でした。

不動産によっては店舗に直接赴き、返金してもらうという場合もあるのでそれに比べると楽だったかもしれません。

頭金を支払うときは、何もサインしなかったし、領収証もなし。

なのに返金時は、サインや捺印が必要というのは不条理な気がする。

返金明細書は本当に必要なのか?と疑問に思いました。
この辺り詳しい方いらっしゃいましたらTwitterやコメントで教えて頂けると幸いです。

返金まで時間がかかる

店舗で直接行く場合はすぐに返金して貰えますが、振り込みでの返金となると結構時間がかかる場合があります。

前述の通り、メールで返金明細書を送ったのですが、その後返信はありませんでした。

何日も連絡がなく、こちらから問い合わせたところ、来週中には振り込むとの返信がありました。

その連絡が来た時点ですでに5日程経っていたので、次の週となると申請してから2週間後の振り込みになり、かなり時間がかかりました。

次の週に口座を確認したところ、ちゃんと振り込まれていたので一件落着。

不動産によって対応は異なると思いますが、僕の行った不動産はかなり時間がかかりました。

まとめ

ここまでをまとめますと

  • 賃貸物件の申し込み後は契約前ならキャンセル可能
  • 頭金の返金もされる

ただし、キャンセルは契約前に早めに連絡する。

頭金は支払わないか、支払う前にしっかり返金される旨の証拠を残しておく。

こういった点に気を付ければ申し込み後にキャンセルしたくなった場合でも問題ありません。

ただし、申し込みと返金の手続きは少々めんどくさいのでお気をつけて。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次