CocoonからTHETHORに乗り換えた感想・変更点

今までwordpressのテーマは無料のCocoonを使用してましたが、有料テーマのTHETHOR(ザ・トール)に乗り換えてみました。

テーマを変更して1週間が経過したので、THETHORに変更してみた感想Cocoonからの変更点をお伝えします。

広告

テーマを変更した理由

今まで使っていたCocoonからなぜテーマを変えたのか?
理由は、有料テーマにすればブログのカスタマイズ性が広がりおしゃれなブログを作れるためです。

無料テーマでもおしゃれにすることは可能ですが、有料テーマと比べると物足りなさを感じるため、思い切ってTHETHORに変えることにしました。

THETHORに決めた理由

数ある有料テーマの中でTHETHORを選んだ理由は、クール系なデザインに惹かれたこととSEO対策が万全だということで、こちらのテーマを選びました。

何人かのブロガーさんからおすすめされたSWELLおしゃれかつシンプルで使いやすそうだったので迷いましたが、
SWELLの方がユーザー数が圧倒的に多いので、こういったところに関してひねくれ者の私は敢えて少数派であるTHETHORを選んでやってみようと思ったのも理由の一つです。

思えば小学生の頃、ポケモンのルビー・サファイアもルビーの方が人気だからと自分はサファイアを買ったのを覚えています。
昔から少数派を選ぶことが多かった人生です(笑)。

THETHORに変更した感想

テーマを変更し1週間経ちましたが、今のところ良かった点が多いです。
悪い点も多少ありますが、それ程気になることではないかなといった感じです。

THETHORにして良かった点

①プラグインなしでも色々カスタマイズ出来る

Cocoonの場合、目次やSNSシェアボタンなどブログに欲しい機能はプラグインの導入が必要になることが多かったのですが
THETHORの場合デフォルトでたいていの機能が備わっているのでわざわざプラグインをインストールする必要がなくなります。

プラグインが多いとサイトが重くなってしまうので、不要なプラグインは削除し表示速度が上げることが出来ます。

②簡単に記事の装飾が出来る

記事の装飾がボタンを押すだけで出来るようになるので簡単におしゃれな記事が出来上がります。

Cocoonでもボタンを押すだけでマーカーや内部リンクを貼ることが出来ましたが、少し面倒な工程であったり、色の種類が少なかったりするのでTHETHORに変えるとこの辺りが劇的に変わります。

また、サイトのトップページもカスタマイズ出来るところが多いので、自分好みのサイトを作ることも出来ます。

THETHORにして悪かった点

①機能が多すぎて使いこなせない

これは慣れの問題だと思いますが、THETHORは本当に多くの機能が備わっています。

なので、私のようにブログに慣れ始めたから有料テーマに変えてみようと思ってる方には少々難易度が高いかもしれません。
とはいえ、使ってるうちに覚えてくるので、あまり問題ではないと思います。

分からないことがあった時は、調べればTHETHORユーザーの記事が出てくるのでやりながら覚えていくことが出来ます。

テーマを購入した際に付いてくるマニュアルもありますが
正直、自分で調べた方が速くて分かりやすいです。

②クラシックエディターでないと使いづらい

THETHORはブロックエディターのままだとCocoonより使える機能が少なくなってしまうので、クラシックエディターに変えた方がいいです。
Cocoonの時はブロックエディターを使っていたので少し不安でしたが、THETHORのクラシックエディターはとても分かりやすいので、今までブロックエディターしか使って来なかった人でもすぐに慣れます。

③そのままだとTHETHORテーマの変更が出来ない

THETHORにはデザイン着せ替え機能が付いていて、9種類の中から選べます。
しかし、Customizer Export/Importというプラグインをインストールして有効にしないと使えません。

これをしないとサイトのデザインがデフォルトのままになってしまい、オリジナリティがなくなってしまいます。
デフォルトのデザインが好きで、細かいところは自分で変えようと思ってる方は気にしなくていいかもしれません。

ちなみにデザイン変更後の当ブログがこちら↓

Cocoonから乗り換え後の変更点

CocoonからTHETHORに乗り換えた後は、初期設定や広告設定などを変更する必要があります。
Cocoonで使っていたプラグインもTHETHORでは必要なくなったり、SEOやセキュリティ関連のプラグインとの相性が悪かったりする場合があるので、今まで使っていたプラグインを削除しなくてはなりません。

そして、記事の修正が必要なところも出てくるので、1ページずつ見直すことになります。

内部リンクの修正

内部リンクをブログカードで設定していた場合、THETHORに乗り換えた直後はこうなっています。

これだと大きすぎて読者にとっては邪魔になってしまうので、改めてリンクを貼ることになります。

元のリンクを消して、再度同じものを貼り付けたらこうなります。

こちらの方がスタイリッシュでおしゃれになりましたね。

アイキャッチ画像が切れてしまうのが気になるところですが、こちらを直す方法は模索中です(笑)。

吹き出しの修正

内部リンクと同じく吹き出しのイラストも大きくなり、文字がイラストの下に来ているので、吹き出しとは言えなくなっています。

こちらもすぐに直せますが、THETHORの場合、デフォルトだとネコイヌの2種類のイラストしかないので、自分で用意する必要があります。

また、吹き出しのイラストは2種類しか設定出来ないので、吹き出しをよく使う人は不便に感じると思います。
その代わりCocoonより吹き出しデザインが豊富にあります。

1週間つかってみて

THETHORに変更し、1週間使ってみましたが、変えて良かったと思っています。

カスタマイズが豊富に出来るので、記事を書くのが楽しくなるし、時間の短縮にもなるためです。
何より「有料にしたから頑張ろう」というやる気も出ます。

最初は戸惑うことが多いと思いますが、使っていくうちに慣れてきます。

私は37記事でテーマを変更し、過去の記事の修正が結構面倒に思いました。
なので、もう少し早く変えておけば良かったかなと思ってます。

過去記事を修正していく過程で使い方に慣れてくるので、記事のリライトやTHETHORの練習といった考えでやれば一石二鳥になりますね。

今、wordpressのテーマ変更を検討している方は早めに変えるのがオススメです。

そしてTHETHORを考えてる方へ少しでも参考になれば幸いです。

 

広告