実際働いて感じた派遣社員のメリット

こんにちは、アキサメです。

私は大学卒業後、派遣会社で働いていました。

こういったことを言うと
就活失敗したみたいに思われることも多いのですが、そんなことはありません。

確かに派遣と聞くと悪いイメージを持つ方もいるかと思いますがいいところは沢山あります。

今回は派遣会社に正社員として就職する(常用型派遣)メリットをもう少し詳しくお話していきたいと思います。

広告

常用型派遣のメリット

私が実際働いて感じた常用型派遣として働くことのメリットは大きく分けて4つあります。

  1. 経験が積める
  2. 大手企業で働ける
  3. プライベートの確保がしやすい
  4. 希望の勤務地に配属される確率が高い

 

1.経験が積める

これは、どの会社でも言えると思われるかもしれませんが、就活で希望する職種で落ちてしまった場合や学歴の問題で応募が出来なかった場合など派遣会社であれば希望する職種や業界で仕事をすることが出来ます

例えば私は、研究職の仕事をしていましたが、普通に就活をして研究職に就くには大学院卒以上の学歴が必須であることがほとんどです。

しかし、学部卒である私でも派遣会社に所属すれば研究職の仕事も紹介してもらえて、実際に研究職のスキルを身に付けていきました。

こういった希望の職種を経験することで何年か経った後、派遣を辞めて正社員で働きたいと思って転職活動し、同じような職種で正社員になることも可能です。

また、企業によっては派遣社員から正社員での雇用を行っている場合もあるので、気に入った職場ならそれを狙ってみるのもいいかもしれません。

2.大手企業で働ける

派遣会社はいくつもの会社の案件を持っていてそのほとんどが大手企業のため、大手企業の仕事を紹介されることが多いです。大きな会社ほど仕事量が多くなり、人手も必要になってくるため派遣社員を雇うことが多いのです。

中には、大手で働きたいから派遣を選んだ人もいるとかいないとか。

時期によって紹介される仕事が違うので絶対とは言えませんが、憧れの企業で働けるチャンスがありますよ。

3.プライベートの確保がしやすい

こちらは正直、配属先によるところがあるので絶対とは言い切れません。
しかし、たいていの会社は業務内容や勤務時間が派遣会社との契約で決められているため、派遣社員への無理な残業や業務を強要されることはありません。

むしろ、大手企業は法令遵守の傾向が高いため、契約時間内に終わる量の仕事を与えられたり、定時になったら他の社員に引き継いで帰らせてもらえることがほとんどです。

それでも、どうしても残業しないと終わらない時があると思いますが毎日ではないのとそれ程遅くなることはありません。ほぼ毎日定時で帰れると自由時間が増え、プライベートが充実するので、これは大きなメリットになるのではないでしょうか。

4.希望の勤務地に配属される確率が高い

ほとんどの派遣会社には、全国勤務型地域限定型があります。

会社によって名前は違いますが、簡単に言うと全国どこでも勤務可能な社員自分の希望するエリア内での勤務を希望する社員の二通りです。

自分の好きな場所で働けるから地域限定型の方が断然良さそうですが、全国勤務型より給料が1~2割程度低くなるので一概にどちらがいいとは言えません。

私は地元の神奈川が良かったので地域限定型にしました。

ちなみに、私の勤務先にいた同じ派遣会社の人は、全国勤務型のくせに神奈川の方がいいと言って仕事を紹介して貰ったみたいです。生意気ですね(笑)

なので全国勤務型でも希望は考慮してもらえることもあります。

まとめ

ということで、自分の希望職種かつ希望する勤務地で働けるということが派遣会社で働くことの大きなメリットになると思います。

会社で働く上では付き物である人間関係で悩んだ時も別の部署へ異動させてもらえたり、何かあれば派遣会社が間に入ってくるので、派遣先の会社とのやり取りは気楽になります。

一度派遣として働いてみて、その後頑張って転職していい会社に入ることも可能なので、もし就活が上手くいかず希望していた業界や職種で内定が貰えなかったとしても、派遣であれば希望が叶うので、そういった道もアリだと私は思います。

今回は、派遣会社のメリットをお話ししてきましたが、もちろんデメリットもあります。
次回はデメリットについて詳しくお話ししたいと思います。

次の記事

こんにちは、アキサメです。前回は派遣社員のメリットについて実際働いてみて感じたことをお話ししました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://around30blog.net/hakensyaini[…]

広告