株は怖くない!怖いと言われる理由と正しい投資方法を解説

株に興味があるけど”大損した”という話を聞くと怖くてできない!

そう思ってる方は多いのではないでしょうか。

先日、友人とお金の話になり、僕が株をすすめたらこんな回答をされました。

友人
株はやったら借金まみれになるんだよ
アキサメ
それはお金がないのに借金してまで株を買って損をした人だけがなるんだよ
友人
でも得をするのはほんの一握りの人だけだから…
分ってないなぁと思い、この時の会話は終了しました。
でも後々、株を知らない人はこういうイメージを持ってるのか!と思い
少しでも多くの人に「株は怖い」というイメージをなくしてもらいたいと思ってこの記事を書きました。
最後まで読んでいただければ、株が怖いと言われる理由とリスクの少ない投資方法が分かります。
広告

株が怖いと言われる理由

友人に投資の良さを教えようと思ったのですが、怖いと言われ聞く耳持たずの状態だったので、株が怖いと言われる理由を解説してみました。

  1. 持ってるお金を全て使う人がいるから
  2. 信用取引でお金を借りるから
  3. 一度に大金が必要になるから

株が怖いと言われる大きな原因が上記の3つです。

持ってるお金を全て使う人がいるから

ギャンブル好きな人がよくやることですが、自分の持っている全財産をつぎ込み、賭けに負けて所持金0円になる人の話をテレビなどでよく見るのではないでしょうか。

ドラマや漫画でありそうな話ですね。

投資に対しても同じで、自分の全財産で株を買って大損をするという話を聞いて「株が怖い」という印象を持っている人が多いと思います。

ただし、株の場合は、損をしても0になることはありません。

お金を借りて株を買っていた場合は別ですが…。

信用取引でお金を借りるから

株の取引方法は2種類あります。

① 現物取引
② 信用取引
現物取引は、自分の持っているお金で株を買い運用していくこと。
この場合、買った株が値下がりしたとしてもお金は残るので借金する心配はありません。
信用取引は、保証金を支払えば、その額の約3.3倍まで取引が可能となるのです。
例えば
購入したい株が150万円だけど、手元に50万円しかないという時に50万円を保証金として支払えば、約165万円までの取引が可能となり、150万円の株を買うことができます。
一見良さそうな取引ですが、いづれこのお金は返さなくてはならないので、株価が下がってしまうと借金を抱えてしまうこともあります。
順調に株価が上がっていけばいいのですが、なかなかそうもいかないのが現実です。
こうしたところから
株で損をしたら借金を抱える=株は怖い
というイメージになってしまっているのが現状です。
アキサメ
僕の友人も信用取引のことを言っていたのかもしれませんね

一度に大金が必要になるから

株の購入に躊躇している方はこの理由が一番多いのではないでしょうか。

通常日本の企業の株を購入するには、100株単位で買うことになります。

1株1万円の株を1万円分(1株)だけ買うというのは出来ないので、最低でも100株で100万円を支払って購入することになります。

いきなりそんな大きなお金を使うのは誰だって戸惑いますよね。

しかも株が値下がりしてしまったら・・・と考えると余計に手が出なくなります。

そのため「一度に大金を使うから怖い」と思ってる方が多いのだと思います。

怖くない正しい投資方法

ここまであげたリスクがあるから株は怖い!と思っている方に向けて

僕もやっているリスクの少ない投資方法を解説します。

  1. お金に余裕がある時に買う
  2. ドルコスト平均法で購入する
  3. LINE証券を使う

お金に余裕がある時に買う

大前提ですが
全財産を使ったり、借金をしてまで投資はしないで下さい。

社会人で毎月決まった額の給料を貰っているなら、手取りから生活費を差し引き、余ったお金で趣味や交際費に使い、残ったら貯金をしてる方が多いと思います。

毎月残って貯金していた分をいくらか投資に回すと
全財産を失ったり、借金を抱えることもなく安全に投資ができます。

そんな少ない額で投資ができるのか?という疑問を持つかもしれませんが、少ない額でも投資はできます。

その方法を次から紹介します。

ドルコスト平均法で購入する

“ドルコスト平均法”というと難しく聞こえるかもしれませんが

毎月1万円などの定額を決めて投資を行い、累計投資額を積み上げていく方法です。

つみたてNISA投資信託であれば定額積立が可能なので、株に詳しくない初心者の方はこの方法から初めてみるのがオススメです。

詳しくはこちらの記事で解説しているので、良かったら読んでみて下さい。

あわせて読みたい

投資は興味あるけど何を買ったらいいか分からないと思ってる方が多いのではないでしょうか。 僕は30歳になる前にお金のことを勉強しておこうと思い、リベ大Youtubeを見てつみたてNISAを始めました。 どんな人にも読んで欲しい!タメに[…]

LINE証券を使う

「投資信託とかよく分らない!」
「好きな会社の株が買いたい!」

という方にオススメなのがLINE証券です。

日本の企業の株でも1株から購入できるので、少額から投資ができます。

小額投資できる証券口座はいくつかありますが、僕が一番オススメしているのがLINE証券です。

LINEは多くの方が普段よくつかっているツールなので、とっつきやすいのではないでしょうか。

さらにLINE証券は、口座を開設すれば、最大で3000円分の株を貰えます。

キャンペーン

口座開設がめんどくさいと感じるかもしれませんが、LINE証券はLINEアプリ内からできるので簡単です。

口座を開設するだけで株が貰えるので実質タダで株を購入しているのと同じでお得ですね。

最初に貰った株で取引きの練習などもやってみてはいかがでしょうか。

LINE証券について詳しくはこちらの記事で解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

あわせて読みたい

株を買いたいけどお金がかかる 投資には興味があるけどちょっと怖い... と思ってる方におすすめなのがLINE証券 スマホで気軽に投資を始められるので 投資についてあまり知識がない方や初心者の方に特にオススメです。 LINE証券の特徴[…]

アキサメ
僕も最初はLINE証券から始めたので、個別株が欲しい方にオススメです。

まとめ

株が怖いと言われる原因は以下の3つです。

  1. 全財産を株につぎ込む人がいる
  2. 信用取引で借金をしてしまう
  3. 株の購入には大金が必要になるから

これらの原因で大損をしたという話を聞いて、株は怖いものと思ってしまうのです。

大損をしないための投資方法は

  1. 貯金から可能な範囲で株を買う
  2. 毎月一定額を決めて投資する
  3. LINE証券で少額から行う

正しい方法で株を購入すれば怖いというイメージはなくなるのではないでしょうか。

どんな場合もリスクは必ずある

今回紹介した正しい投資方法でも、損をする可能性はゼロではありません。

積立投資やであればリスクは少なくて済むのと長期的(10~20年)に見ればプラスになっていくので長い目で見ることを覚えておきましょう。

また先ほど紹介したLINE証券は、開設と同時に株が貰えるので、わずかな額ですがノーリスクで投資を始められます。

投資をしっかり学んで、安全にリスクの少ない方法で投資を行っていきましょう。

キャンペーン