転職エージェントとのやりとりで注意した方がいいこと3選

  • 2021年12月22日
  • 2021年12月22日
  • 転職

転職をしたいと思うと転職エージェントを利用する方も多いのではないでしょうか。

私もこれまで2回転職をし、どちらも転職エージェントを使って転職をしています。

現在も転職活動中なのでこれで3回目。

ただ求人を紹介してくれるだけでなく、

  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 紹介した企業の詳しい情報の提供

といった転職のサポートもしてくれるので、どんな人にも転職エージェントはオススメです。

しかし、あまり自分の意思は持たず、転職エージェントの言われるがままに転職活動をしたり、内定をもらった企業に入社をすると後悔することになるかもしれません。

スポンサーサイト

転職エージェントの注意点 3選

今回は、私が3回の転職活動を行った経験から感じた

転職エージェントの注意点を3つ解説させていただきます。

 

 

① 応募しすぎない

転職エージェントを利用すると、よく「20社以上応募しましょう」などと、多くの企業に応募させようとしてきます。

 

こう言われる理由は、

  • 実際に内定を貰った人の平均応募数が約20社だった
  • 志望度が高くなくても面接をしたら志望度が上がった

という例があるためです。

 

確かに内定を貰うまでには、それくらいの応募が必要かもしれません。

求人だけでは分からない部分も沢山あります。

でも、だからといって、言われた通りに多くの企業に応募するのはオススメしません。

 

 

沢山応募すると書類審査が通る数も多くなり、面接が大変になってしまうことがあります。

特に仕事をしながら転職活動をしている人は、面接日程の調整や現職を休まなければならないといったことに苦労するでしょう。

また、書類が通った後に改めて求人票や会社のホームページを見るとあまり気が進まないということもあると思います。

エージェントは、一度面接した後の辞退に関しては特に咎められませんが、

書類通過後に面接しないで辞退するのは良く思われません。

私も書類通過後に面接日程の調整になった際、志望度が高くないので辞退の連絡をしたところ、嫌味みたいなことを言われました。

「嫌味を言うくらいなら、沢山応募させようとするなー!!」と思うところですが(笑)。

 

なので、

応募をする際は、求人だけでなく、ホームページなども見て、納得のいく企業に応募するようにしましょう。

自分が大変になるから無理に20社も応募しなくて大丈夫です。

 

スポンサーサイト

② 連絡はチャットやメールを使う

 

転職活動中は、担当エージェントの方と定期的に連絡を取り合うことになります。

その連絡を取る手段は、電話でなく、チャットやメールがオススメです。

これはエージェント会社や担当エージェントにもよるところがあると思いますが、電話ばかりかけてくるエージェントは正直めんどくさいです。

 

 

私が以前利用したことのあるDODAは、何かとすぐに電話をかけてきました。

 

合わせて読みたい

転職活動を始める時、転職サイトが多くてどれを使うか悩む方も多いと思います。 僕はDODAのエージェントを利用して、内定を貰いました。 今回は転職活動開始から内定後までDODAを使ってみた感想をお伝えするので、これから転職活動を始[…]

 

しかも担当エージェントの質が悪かったのか、電話する度に同じような質問をされたので、かなり無駄な時間だと感じました。

「それ、前も言ったでしょ」と。

良いエージェントは、電話でもしっかりメモを取ってくれるので同じ質問を何度もされることはないのですが、やたらと電話をかけてくるエージェントは注意が必要です。

仕事をしながら転職活動する人には、電話に出れない時もありますし、

仕事中に何度も電話がかかってくるのはストレスになりますよね。

これを防ぐためにも、予め連絡は基本的にチャットかメールにしてもらうようお願いをしておき、緊急性の高い時だけ電話にするようにしましょう。

電話より確実に記録が残るので、同じ質問をされなくて済みますし、時間を拘束されないので、試してみて下さい。

それでも電話してくる時は担当者を変えてもらうか、複数のエージェントを登録している場合、別の方をメインに使うことをオススメします。

 

アキサメ
今の時代、電話よりチャットやメールの方がスムーズですからね。

③ 内定承諾を焦らない

 

転職エージェントは選考が終盤の方になったり、内定をもらったりすると、決断を早くするよう迫られます。

3日以内とか1週間以内など、エージェントから内定承諾の期限を決められますが、

他の企業でも選考が進んでいる時は事情を話して、少し待ってもらうこともできます。

悪いエージェントだと「3日以内に決めないと取り消しになります」などと焦らせきますが、それはエージェントが決めているだけの場合が多いので、しっかり話して待ってもらうように言いましょう。

もちろん企業側も入社の準備などがあるので、あまり長引きはできないと思いますが、1~2週間くらいは延ばせると思います。

焦って決めると後悔する要因にもなるので、じっくり考えて決断しましょう。

 

 

また、転職エージェントとは別のサイトで選考が進んでいる企業がある場合、やたらと自分の紹介した企業を推してくるエージェントにも注意して下さい。

転職エージェントは、紹介した人がその企業に入社すると初めて報酬が貰えるため、報酬目当てでやたらと推している可能性もあるためです。

私がDODAを利用している時は、

他に受けている企業のことも調べられたり、

転職を考えた理由を何度も聞いたりしてきて、

自分の紹介した企業に入社することをめちゃくちゃ推してきました。

 

エージェントの言うことが妥当なこともありますが、実際に面接を受けて感じた部分というのは自分にしか分からないもの。

焦って決めないで、自分で感じたことや考えていることを重視して決めるようにしましょう。

 

まとめ

転職エージェントは便利ですが、注意した方がいいこともあります。

それは

  1. 多くの企業に応募しない
  2. 連絡はチャットかメールで
  3. 焦って内定承諾をしない

この3点に気をつければ、入社した後に後悔することはないでしょう。

エージェントのやり方が悪かったなど、思うこともあるかもしれませんが、最終的には自分の判断で決めることです。

そのため、エージェントから沢山企業に応募するように言われたり、早く内定を決めるように言われても

自分の意思をしっかり持って納得のいく決断ができるようにしましょう。

スポンサーサイト