副業や在宅ワークを快適に!ゲーミングチェア「AKRacing」のレビューはこちら

30代男が派遣会社への転職を選んだ理由

こんにちは、アキサメです。

僕は、過去に3回転職し、現在派遣として働いています。



なぜ正社員から派遣になったのか?

今回の記事では、その理由を解説していきます。


  • 就活や転職活動がうまくいかず悩んでる方
  • 正社員でずっと働いていくことに疑問をお持ちの方

この記事を一つの参考にしていただけたら幸いです。


目次

派遣会社にたどり着いた道のり


まず、僕の簡単な職歴をご紹介します。

理系大卒 ⇒ 派遣会社 ⇒ 大手企業 ⇒ ベンチャー企業 ⇒ 派遣会社


こんな感じで、大学卒業後、派遣会社に就職してます。

就活がうまくいかず悩んだ結果、経験を積める派遣会社にいったん就職しました。


派遣社員の経験


ここまでの話を聞くと、

就活に失敗した」と思われる方もいるかもしれません。


実際、最初の転職先で、先輩から前職のことを聞かれ…‥

「就活失敗して自暴自棄になったの?」

なんて、心ないことを言われたこともあります。

後からその先輩は、性格が悪いと評判だったことがわかりましたが……笑




このように、派遣に対して悪いイメージを持ってる方も少なからずいますが、

僕は失敗したなんて全く思ってません。


なぜなら、派遣会社でもスキルが身につくから。

身につけたスキルを活かして、

次の転職へつなげるといった方法がとれるのです。


何より、凡人の僕には足を踏み入れることすらできないような

超有名企業の研究所で働けたことがいい経験になった


なので、派遣会社に就職して良かったと思っています


派遣社員の働き方


派遣会社の雇用形態は、おおまかに分けると2種類あります。

  • 時給制の一般派遣
  • 正社員として雇用される正社員型派遣


派遣会社によって呼び方に違いはありますが、

多くの方がイメージする時給制の派遣

派遣会社の正社員として企業に配属される派遣に分けられます。


僕は、後者の正社員型派遣です。


正社員なので、

  • 休日数に関わらず給与は一定
  • 福利厚生完備

一般企業の正社員と何ら変わらない待遇になってます。

しかし、自由に派遣先を選べないのがデメリット。

一般派遣だと自分の希望するところに配属できます。


また正社員とはいえ、給与は一般企業より少し低い水準になってます。


再び派遣に戻った理由


なぜ一般企業に転職したのに派遣に戻ったのか?

理由は単純で、転職した大手企業とベンチャー企業がブラックだったからです笑


前職を辞めたときの話はこちらの記事で紹介しています。


前々職の様子はこちらの記事でまとめてるので、見ていただけたら幸いです。


最初に就職した派遣会社は3年間ストレスなく働けていたのに

前々職は3年弱、前職は1年ちょっと…。

だんだん転職のスパンが短くなってきてます。


このまま短期で転職を繰り返すより、もう一度しっかりスキルを身につけたほうがいいと判断し、派遣に戻りました。

これまで転職を繰り返して学んだ

派遣の方が正社員よりもストレスが少なく働けるというのも理由の一つです。


ストレスが少なく働ける


僕が以前、Twitterでこんなつぶやきをしてました。




当時入社して2ヶ月ほどですが、早くも会社のやり方に不満をもつようになった時。

このツイートが現状の伏線になるとは……笑


派遣と比べると、正社員のほうが断然仕事量が多いし、責任もある。

そのくせに前職は給料が安い……。


派遣のほうが余裕を持って働ける。

3社目の転職は派遣にすればよかったな…と少し後悔しました。


これは派遣と正社員の両方を経験したからこそ、わかったこと。

正社員の方が給料が高いですが、

お金=幸せ」とは思ってないので、

正社員にこだわらなくてもいいんじゃないか?と思い始めてました。


お金はそこまでなくていいから「ゆるく生きていきたい」

そう思ったのが、当ブログのテーマにしたきっかけです。


前職と年収がほぼ変わらない


3回目の転職活動は、前職に近い職種を探していましたが、1年ほどの経験では書類選考で落とされることがほとんど……。

そのため、長く働けそうな職場でスキルを身につけた方がいいと思い、転職サイトを見ていると…

前職と給与があまり変わらない派遣会社を見つけました。



前職は固定残業代込の月収だったので、基本給でいうと派遣会社の方が高い!笑

さらに住宅手当もついてくるので、毎月の手取りはさらに高くなる。

月収は現職のほうが高いですが、ボーナスが低いので、年収にすると五分五分くらい。


前職、どんだけ仕事と給与が見合ってなかったんだ……。


年収変わらないなら尚更派遣でもいいんじゃないか?

と思ったので、今の派遣会社に決めました。



低賃金の派遣でもなんとかなる


正社員といっても実質派遣みたいなもの

昇給で給与アップや毎年のボーナスは期待できず、将来性は低いです。


それでも普通に生活するうえでは、派遣でもなんとかなると思っています。

ただ「なんとかなる」と言っても全く根拠がないので、次は根拠になる事例を紹介します。


次の転職を考えて経験を積む


先述した通り、派遣でも企業で働いているのと変わらないので、スキルが身につきます。

派遣としてしばらく働いたら、そのスキルを活かせる職種への転職というのも十分可能です。


同じスキルを活かせる仕事なら選考で有利になりますし、年収の大幅アップも期待できます。


僕も最初の転職のとき、

スキルを活かせる職種に応募したらすんなり内定をもらえ、年収が100万円ほど上がりました


2社目を退職したあと年収下がりましたが……笑


落胆するビジネスマン


このように、一度経験を積んだあとに転職するという考えで、派遣として働くのも一つの道。

なかなか内定がもらえないからと、変なブラック企業に入るより断然マシです。


この考えは「転職と副業のかけ算」でも紹介されています。

次の転職を考えた転職も紹介されているので、今転職を考えている方はぜひ読んでみて下さい。


副業をする


僕が派遣でもなんとかなると思ってる最大の理由は「副業」です。

派遣であれば、正社員より残業時間が少ないところがほとんどなので、

本業の後に副業の時間を確保しやすくなります。



ここ数年で副業を始める人増えてきてますよね。

僕の今やってるブログも副業としてスタートしました。


副業を始める前に読んでおきたい一冊

本当の自由を手に入れるお金の大学


副業で稼げれば、減った年収を上回ることも可能です。

毎月の本業の給料+副業で月1〜5万円ほど収入があると、生活がだいぶ楽になります。


普通の会社員であれば、給与アップなんて年に1回数千円がほとんどでしょう。

そのわりに年々仕事量や責任が増えてくる……


副業なら稼げる可能性は無限大


会社員として働きながら副業として月10万以上稼いでる人も多くいます。


副業で給料の低さをカバーする

こういった方法ができるのも副業の魅力です。


副業としてブログを始めようと思っている方に読んで欲しい本はこちら

「ゆる副業」の始め方 アフィリエイトブログ


ブログ初心者向けの本はいくつもありますが、一番分かりやすくて、個人的に一番親近感がわいた本です。


今はまだ月に数千円しか稼げていませんが、続けていくことでもっと稼げるようになると思っています。

副業があるので派遣でもなんとかなる!


まとめ


僕が派遣を選んだ理由は

  • スキルを身につけるため
  • 副業の時間を確保しやすいから


大きな理由としては、上記の2つです。


給料は低いですが、

次の転職を見据えての下積み期間と考えたり、

副業で給料の低さをカバーできるので、派遣会社に入社しました。


時間の確保がしやすいので、うまく行けば本業の収入を超えることだって可能です。

そうなったら会社勤めにこだわらなくてもいいですね。


派遣というと、どうしても厳しい目で見られることもありますが、

将来のことを考えると派遣でもいいんじゃないかと思っています


人それぞれの人生、こういった道もある

ということを覚えていただけたら幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次