原作を読んだ人もオススメ「劇場版 呪術廻戦0」感想

 

2021年12月24日

『劇場版 呪術廻戦0』が公開されました。

 

 

今作は、漫画・アニメ共に大人気の『呪術廻戦』の原点となった

『呪術廻戦0巻』が原作になります。

コミックス派の人は、読んだことのある方が多いのではないでしょうか。

僕もコミックスを読んでいたので、劇場版を観に行くか迷っていましたが、

結論としては、とても面白かったので、原作を知っていても観て良かったと思っています。

今回は、その『劇場版 呪術廻戦0』の感想をまとめましたので、観に行くか迷ってる方は参考にしていただければ幸いです。

 

※なるべくネタバレはしないようにしますが、一部映画の内容に触れている部分があるので、ご注意ください。

 

スポンサーサイト

劇場版 呪術廻戦0 感想

劇場版は、呪術廻戦本編の虎杖悠仁伏黒恵、釘崎野薔薇といったメインキャラクターが呪術高専に入学する前の話です。

そのため、アニメしか観ていないという方も楽しめるのはもちろんのこと、原作にはなかったシーンも多くあるので、コミックスを読んでいる方にも十分楽しむことができます。

僕が映画を観た感想を見どころごとにまとめたので、順番に紹介していきます。

乙骨優太と碇シンジが似てる

 

声優が同じ緒方恵美さんなので、似るのも当然かと思いますが、

物語の最初の方の乙骨は暗くてネガティブな性格で、どこかエヴァンゲリオンの主人公“碇シンジ”を感じさせる部分があります。

物語が進むにつれて成長していく乙骨の姿も見どころの一つです。

スポンサーサイト

映画ならではの迫力

 

漫画ではあまりなかった戦闘シーンの迫力があるのは、映画の良いところ。

特にメインとなる乙骨、禪院真希、狗巻棘の戦闘シーンは劇場版クオリティで、とても迫力があります。

そして、呪霊の里香ちゃんも迫力があって怖い(笑)。

映像で見ると全然違った演出が見られるので、原作を読んだことのある人でも間違いなく楽しめることでしょう。

 

乙骨と里香ちゃんの思い出

 

原作では、描かれなかった乙骨と折本里香の出会いや幼いころの思い出が所々で出てきます。

こういったシーンがあるので、結末を知っている人でも感動する演出となっています。

 

様々なキャラクターの活躍

 

物語の一番の敵である夏油傑が呪術高専に宣戦布告をするシーンには、

原作でも冥冥猪野琢磨(っぽい人)がちょこっとだけ出てきていますが、劇場版では七海健人日下部篤也など多くのキャラクターを含めてガッツリ映っています。

これだけでもテンションが高くなりますが、百鬼夜行では各キャラクターが戦うシーンがあるので、ファンにとっては嬉しいところではないでしょうか。

登場済のナナミンはもちろん、アニメではまだ術式を見せていない冥冥、猪野、未登場の日下部が戦っているシーンもあるので、多くのメインキャラクターの活躍が見れます。

途中まで活躍の場がなかったパンダが本気で戦うシーンもあります。

 

さらに原作では一切描かれなかった京都側の戦いも劇場版では描かれていています。

東堂葵加茂憲紀といった京都校のメンバーも登場するので、このメンバーが好きな人はテンションが上がりますね。

各々の登場シーンは短いですが、原作にはなかった各キャラクターの活躍が見られるのは熱いところ。

 

五条悟 VS ミゲル

 

こちらも原作では、少ししか描かれなかった五条先生と敵側のミゲルが戦うシーンもガッツリ入っています。

声優が山寺宏一さんというのが何より豪華、

そして、山寺宏一さんが声優を務めるだけあって、ミゲルがただ者ではない感が強まりますね。

原作でも劇場版でも、五条先生の足止め役というのは変わりませんが、戦ってるシーンがしっかり描かれているのは良かったです。

 

感動のクライマックス

 

乙骨 VS 夏油の最後のシーンからクライマックスは、原作を読んでいて感動した人も多いのではないでしょうか。

劇場版では、所々に散りばめられた乙骨と里香ちゃんの思い出映画ならではの演出もあり、結末を知っていても最後は感動すること間違いなし。

むしろ原作を知っている方が感動するんじゃないかと思うくらい。

隣に座ってた人は号泣してました(笑)。

映像で見ると改めて感動するので、最初から最後まで見どころ満載となっています。

 

まとめ

劇場版 呪術廻戦0は、原作を読んでいる人もそうでない人も楽しめる作品となっています。

原作の呪術廻戦0巻にはなかったシーンが多数出てくるのと、映画ならではの迫力もあり、内容を知っていても最初から最後まで飽きずに楽しめます。

思えば、公開日の12月24日は、百鬼夜行の12月24日に合わせたのでしょうかね?

そうだとしたらこれも粋な演出です。

また入場者特典として、『呪術廻戦0.5巻』がプレゼントされます。

こちらはおそらく数量限定かと思いますので、早めに劇場へ足を運んだ方が良さそうです。

呪術廻戦0に少しでも興味のある方は、ぜひ映画館で観に行くのをオススメします。

 

スポンサーサイト