学生から社会人になって変わったこと3選

4月も2週目に入り、新社会人の方々は研修、早いところだと仕事を覚え始めている時期でしょうか。
学生から社会人になると生活がガラッと変わるのはもちろん、様々な変化があると思います。

 

毎日決まった時間に起きて
決まった時間に寝るようになった。

今回は、その中でも特に大きく変わったこと3つを紹介します。

広告

社会人になって変わったこと

学生から社会人になると起こる変化は次の3つです。

  1. 趣味の時間が減る
  2. 友達との付き合いが減る
  3. 休日はゆっくりしていたくなる

①趣味の時間が減る

自由な時間が多かった学生の頃と比べ、社会人になると週5日基本8時間以上会社に拘束されます。
仕事が忙しいと夜は家に帰って寝るだけの生活になってしまうこともあるでしょう。

そうなると趣味に使っていた時間が減り、
学生の頃は、徹夜でゲームをしていたのに、YouTubeのゲーム実況を見て済ませる人が多くなります。

 

あんなに熱中してたゲーム
最近はやれてないなぁ…

よく映画館に行って観ていたのに、ネットフリックスなどの動画配信サービスを観るようになることもあります。

②友達との付き合いが減る

学生時代は、毎日顔を合わせていて、お互い時間もあったので、予定を合わせて遊びに行ったり、ご飯を食べに行ったりすることが出来ました。
しかし、社会人になるとお互い忙しくなり、予定も合わせづらくなり、あまり友達と会えなくなります。

 
友達と遊びたいけど休みが合わないのよね。

職種によって休みの日も違うので、そうなると一人で過ごすことも多くなります。

③休日はゆっくりしていたくなる

学生の頃は、休日は友達と遊んだり、部活やバイトで体を動かす時間が多くなっていても、社会人で週5日働くようになると休日がとても貴重になります。


週5日で8時間働くとすると一週間で40時間、残業があるとさらに多くなります。
こういった日々を過ごしていると、休みの日は体を休ませたくなり、家でのんびりしたくなります。

土日休みの場合、土曜日は遊んで、日曜日は次の日からの仕事を考えてゆっくりするといった考えの人が多いです。

結論

この他にも社会人になって変わったことはあると思います。
その中でも、多くの人に当てはまり、社会人になって早い段階で実感することを3つ紹介させて頂きました。

 

社会人になると
何も楽しいことがない…

これだけを見るとそう思う方もいるかと思います。
確かに自由な時間は学生の頃より減りますが、時間を上手く使えば、趣味の時間に充てたり、友達と会うことも出来るようになります。

例えば、残業しないで定時に帰る。
休日に疲れを残さないように睡眠をしっかりとる。
自分の中で無駄な時間をなくす(SNS等を観たり、時短家電を買ったり)。

時短家電(掃除ロボット、ドラム式洗濯機、食洗機等)はお値段が高いので、社会人になったばかりだと難しいかもしれませんが。

お金と時間どちらを取るか悩みどころですね。

良い家電を買うとお金がかかってしまいますが、時間効率を考えると安いと思う日が来るかもしれません。

 

工夫して自分の時間を作ることが
大切なのね。

最初のうちは、慣れない環境で仕事についていくのが精一杯って方も多いと思います。
しかし、慣れてくると次第に余裕が生まれ、自由な時間も増えていきます。

時間は、誰かから与えられるものではなく、自分で作るものです。
社会人になっても今までと変わらず楽しくやっていけるように頑張りましょう!

広告