今すぐ辞めた方がいい!会社にいるヤバイ上司の特徴6選

会社で働いていると嫌いな上司の一人や二人くらいは出てきますよね。

中には「なんでこんな奴が管理職やってるの?」って思ってしまう程ひどい人もいます。

今回は、私が過去に働いていた職場に実際いたクソと言えるくらいヤバい上司の特徴を6つ挙げていきます。また、そういった上司の対処法も紹介します。

広告

ヤバイ上司の特徴

1.人に厳しく自分に甘い上司
2.仕事しない上司
3.部下に責任を押し付ける上司
4.話が長い上司
5.すぐ怒鳴る上司
6.現場を把握していない上司

1.人に厳しく自分に甘い上司

部下にはあれこれ言うけど自分は言ったこと守ってない、という人です。
上司に限らず先輩や同僚にもいるかもしれませんが、みんなをまとめる立場である管理職がやるのは結構ヤバイですよね。

例えば「ルールをちゃんと守れ」とか「報連相はしっかりしろ」と部下には言うくせに
自分はルールを逸脱して仕事をしていたり、肝心な連絡をしない
まさに人に厳しく自分に甘い上司です。

そういう人は自分に甘いということを自覚していないか、偉いからやらなくてもいいなんて思ってる人が多いです。
そのため上司のさらに上の立場の人から注意されても全く直らないことが多いです。

2.仕事しない上司

管理職であることをいいことに全然仕事をしてくれない上司もいます。
現場に一番近い管理職である係長クラスの人だと、忙しい時は現場で仕事をする時もあると思いますが、それすらやらないサボり上司です。

「現場の仕事は俺の仕事じゃない」なんて言って全く手伝ってくれない係長は、私の昔の上司でした(笑)。

3.部下に責任を押し付ける上司

これは上司として一番最悪な例ではないでしょうか。

部下がミスをしてしまったら上司が一緒に上の人に謝りに行くのが普通だと思います。
しかし、このタイプの上司は、部下がミスをしても知らんぷりしたり「全部お前が悪いんだ」などと言って責任を押し付けてきます。

「俺知らねぇ」なんて言って逃げる上司、近くにいるという方も多いのではないでしょうか。

4.話が長い上司

話の長い上司や先輩はどんな会社にもいるかもしれません。
仕事の説明が長いのはまだ許せるとしても
無駄話のような業務上関係ない話をしてきたり、ミーティングなど大人数の集まる中で長話する上司は最悪ですね。

同じ話を何度も繰り返しているか、関係ない話を挟んでいるかのパターンなので、長い話をした分、ためになったかと聞かれたら大多数の人が全くためにならなかったと答えると思います。

こういう上司がいると残業時間がなかなか減らなくなってしまいます。

5.すぐ怒鳴る上司

上司に限らず怒鳴ってくる大人はヤバいです。
自分の感情をコントロールできないコドモ上司か、昔のやり方が今でも通用してると思っている古い考えの上司などです。

こういった上司がいるとになる原因となるのでもっと上の人に言って部署を変えて貰ったりした方が安全です。
怒っているからといって怒鳴るのは本当にヤバい上司です。

6.現場を把握していない上司

管理職になると書類の手続きマネジメントがメインになるので、現場の仕事に入らなくなることがほとんどです。
しかし最低限、仕事の割り振り現場が上手く回っているかは把握しておかなければいけません。

課長や部長としては当然の役割ですが、酷い上司だと
『誰が何の仕事をしているか知らない』
『1日もしくは1週間の業務の流れを知らない』
もっと酷いと
『部署の業務内容をよく知らない』
という仕事を理解していない上司もいます。

そもそも、そんな人が管理職になる事がおかしいのですが、そうなってしまったら会社に問題があるのかもしれません。

クソ上司から逃れるには

私が勤めてた会社に実際にいたクソ上司の特徴6つを紹介しましたが、1~4は同じ人です。
5と6はそれぞれ別の人ですが、1~6はなんと全て同じ部署にいた上司です!!

一つでもヤバいのに全部当てはめてくるなんて
まるでアベンジャーズのような会社でした(笑)。

上の立場の人に報告する

例えば問題のある上司が課長だった場合その上の部長に日頃の問題を報告することです。
対応の良い人だとすぐに呼び出して注意してくれますが、当の本人の問題が直るかどうかは難しいところです。

中にはしらばっくれたり、言い訳して逃れる上司もいるでしょう。
そういう時のために録音をしておくと効果はバツグンです。

証拠があれば言い逃れ出来ず反省する可能性も上がります。
もっと効果がある時は、上司を異動させたり、管理職から降ろされることもあります。

会社を辞める

ヤバイ上司がいるところから逃げるには、会社を辞めるのが一番早くて良い方法だと思います。部署の異動を提案された場合、すぐに異動させてもらえるようならば、考える余地はあります。

しかし中小企業の場合、異動しても結局顔は合わせることになるので、退職するのが近道だと思います。

ストレスの原因となる上司のいる場所で働き体を壊してしまうと本末転倒です。
こういう時は、退職も視野に入れるのはアリだと思います。

「上司が嫌いだから辞めます」とは言いにくいと思うので、他の理由を考えましょう。
こちらの記事を参考に考えてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい

会社を辞めたいと思っても、なかなかいい理由が見つからない方は多いと思います。不満があって辞めたいわけですが、それを直接伝えると引き止められる原因になってしまうので、良い理由を考えてもなかなか浮かばないものです。 […]

結論:会社にも問題がある

仕事を上手く回していくのは、上司の指導やマネジメントが必須なので、こういった悪い人を管理職にしてしまったのは、会社の責任でもあります。

また、問題を報告したのにも関わらず上司の態度が何も変わらない会社は、上司だけでなく会社自体に問題があります。

そういった問題のある会社は、退職を躊躇する必要はありません。

自分の体や将来のことを考えて
転職をしてヤバい会社から抜け出しましょう。

 

広告