【面接本番】緊張しないで話す3つの方法

就活や転職をする上で切っても切り離せないものが面接です

  • 就職活動をしっかりやっていい会社に入りたい
  • 転職して今よりいい会社に行きたい

などと思いますが、面接をしなければいけないとなると気が重くなってしまいます。

なぜそこまで気が重くなるのか?
その理由は、「緊張するから」と答える方が多いのです。

そこで今回は、面接で緊張しない方法を3つお伝えします。

広告

面接で緊張しない方法

慣れてくれば多少緊張はしなくなると思いますが、就活始めたばかりや転職で久しぶりの面接となるとやはり緊張してしまいます。

緊張しすぎて面接で上手く話せなかった、ということがないように次に挙げることを心がけておきましょう。

①完璧に話そうとしない

面接では、事前に考えてきた『質問の答え』を一言一句間違えずに完璧に話そうとしてしまいがちです。

この完璧に話すという意識をしてしまうと余計に緊張してしまい、自分で自分の首を絞めることになってしまいます。

質問に対する回答を事前に考えておくことは大切ですが、
本番では多少言葉が抜けたり噛んだりしても気にしないくらいの考えで面接に臨みましょう。
むしろ完璧に話そうとして話が詰まったり、答えを思い出そうと目が上を向いている方がマイナスになってしまいます
面接官の方も緊張してるのは分かっているので、
ちょっと噛んだりしても全く気にしません。
なので、安心して話して下さい。

②丁寧な言葉遣いを意識しすぎない

就活サイト面接対策の本などを見ていると尊敬語や丁寧語で話すように書いてあります。

これのせいで、面接官に対する言葉遣いを意識しすぎて緊張してしまうこともあります。

ある程度のビジネスマナーを覚えた社会人だとあまり意識するようなことではないのですが、
仕事をしたことのない大学生は、言葉の使い方がよく分らず混乱したり、緊張してしまうと思います。

この場合も完璧に意識をしないことが緊張しないコツになります。

意識しすぎて普段使わないような言葉を放ってしまうと
緊張もするし、何が正解か分からなくなり、変なところでパニックになってしまいます。

私も就活や転職を2回して
何度も面接をやってますが、いまだに完璧な言葉遣いを理解していません。

面接官もそこまで厳しく見ていないので、
最低限の言葉遣いは覚えておいて、失礼にならない程度に話そうくらいのイメージで話してみてもいいと思います。

③面接は自分の話をするだけ

就活で「面接」と聞くと
企業に相応しい人材であるか試される場と考えてしまいます。

堅苦しい質問をされて、それに対して面接官の満足いくような答えを出さなければいけないと思ってしまいます。

しかし、こういった考え方を変えて自分の話をする場だと思えば、緊張もあまりしなくなります。

よく聞かれる質問では、

  • 「学生時代に力を入れたこと」
  • 「自分の長所・短所」
  • 「入社したら何をしたいか」

自分の経験や思ってることを話せばいいだけ、と言い聞かせると案外緊張しなくなります。

転職の場合、前職の話がメインになるので、より話しやすいと思います。

面接官も緊張してる

ここまで面接で緊張しない方法をお伝えしてきましたが、
実は面接官も緊張していることが多いのです。

限られた時間の中のいくつかの質問で、
自分の会社に相応しい人材であるかを判断しなければならないのですからプレッシャーもあると思います。

面接官だって毎日面接やっているわけではないので慣れないことをして緊張しています。

面接官も緊張していると思えば、こちらも少し緊張が和らぐと思います。

まとめ

面接で緊張しないようにするコツは、完璧を意識しないことです。

事前に考えていたことや言葉遣いなど、変に意識しすぎると緊張の原因になってしまいます。

完璧にやろうと考えないで、ちょっと間違えちゃってもいいやくらいの気持ちで臨みましょう。

完全に緊張しなくなるのは無理

ここまで緊張しない方法を挙げてきてなんですが
どんなに対策をしても完全に緊張しなくなるのは難しいです。

しかし、これまで紹介した方法を実践してみれば、
緊張しすぎてパニックになったり、上手く話せなかったということはなくなると思います。

また、本番だけではなく前日までの準備でも緊張しない対策があるので、
こちらの記事も読むとより緊張がほぐれると思います。

合わせて読みたい

就職活動や転職活動、どんな時でも面接は緊張しますよね。 実際に面接の場に行って、話を始めると緊張がほぐれていきますが、直前や前日の夜など緊張して落ち着かなくなる人も多いと思います。 この記事では、面接直前まで[…]

少しでも緊張を和らげるためにぜひこれらの方法で面接に臨んでみて下さい。

広告