無職+コロナ自粛でメンタルが落ちている方へ

コロナの影響を受けて退職せざるを得なかった方や、コロナ以前にそもそもブラックだから会社を辞めた方は大勢いると思います。

会社を辞めた後、せっかく自由になれたのに緊急事態宣言の発令で思うように外出が出来なくて、仕事も何もせずに家で過ごす日々が続き、だんだんと気持ちが落ちていってしまう方も多いと思います。

メンタルが病んでしまい、最悪の場合うつ病になってしまう場合もあります。

私もコロナ過で会社を辞めた内の一人なので、無職と自粛期間が続き、メンタルが落ちてしまっていました。
今回はそんな方へ向けて対処法を紹介します。

広告

メンタルが落ちた時の対処法

私が実際に行った気分が落ちた時の対処法や予防法を紹介していきたいと思います。

規則正しい生活を心がける

毎日休みになるとどうしても朝遅くに起きたり、夜更かしをしてしまいがちになります。

生活リズムが崩れると食欲の減退頭がボーっとしてやる気が起きなかったりと心身共に影響が出てしまいます。

一度生活習慣が乱れると元に戻すのが難しくなるため、決まった時間に目覚ましをセットするなどして、一日でも早く規則正しい生活が出来るよう心掛けましょう。

運動をする

体を動かして汗をかくことでスッキリしてストレス解消になります。

ただし、1時間以上の運動は集中力が下がってしまうのでやり過ぎには注意。

私は、天気のいい日に30分程のウォーキングをしていました。

外へ出て太陽の光を浴びることでセロトニンと呼ばれる脳の神経伝達物質が分泌され、精神が安定し、心にやすらぎが与えられます。

また、朝起きてから行うと、頭の回転をよくするのでより効果的です。

外を歩くだけで気分が良くなり、うつ病の予防にもつながります。

部屋の掃除をする

自粛中は家にいる時間が必然的に長くなるので、この機に部屋をキレイにしましょう。

部屋が汚いとそれだけで気分が悪くなってしまったり、家にいるだけでストレスになってしまいます。

逆に部屋がキレイだと気分が良くなり、やる気も上がります。

仕事が忙しくなかなか手につかなかったところを徹底的にやったり、要らないものを全部捨てると気分もスッキリしますよ。

好きなことをする

これが一番シンプルですね。

規則正しい時間に起きる朝の運動部屋の掃除

これらが終わったら好きなことに没頭しましょう。

会社を辞めたのだからこれからは時間を自由に使っていいのです。

ゲーム、漫画、映画、読書、テレビ...

いつも貴重な休日の限られた時間にしか出来なかった好きなことを存分にやりましょう。

自粛期間が終われば、外へ出て買い物やカフェに行くのもいいですね。

私は温泉に浸かって何も考えずにゆっくりするのが好きです。

温泉に入るだけで心も体も癒されるのでオススメ!

人と話す時間を作る

ずっと家に籠って誰とも会わないと余計にメンタルが落ちてしまいます。

今はコロナで会うのが難しいかもしれませんが、電話やテレビ電話などで話してみるのもいいかもしれません。

ずっと孤独が続くとストレスがどんどん溜まって免疫システムまで弱くなってしまいます。

心と体どちらも崩壊してしまう孤独は恐ろしいですね。

忍者が出てくる某少年漫画でも孤独が原因で闇落ちしてしまったキャラがいます(笑)

人と会って話す、それだけで心が満たされるのです。

気の許せる友人との一時は最高に幸福を感じられるでしょう。

 

無職と自粛が長くなっても、これらのことを実際にやってみてメンタルを上げましょう。

関連記事

毎日残業で夜遅く帰り、明日も朝早くから仕事・・・ そんな毎日からようやく解放されてハッピー!! 会社を辞める前は、退職したらやりたいことを沢山思い浮かべてウキウキしますよね。 し[…]

 

広告