【歯列矯正】マウスピース矯正による日常生活の様子

歯並びをキレイにしたい!
でも目立つのが嫌だからマウスピースで矯正しようと考えている方も多いと思います。

僕も目立つのが嫌だったので、マウスピース矯正(インビザライン)を選びました。

今回はマウスピース矯正を始めて2年の普段の生活の様子をご紹介します。

またマウスピースのメリットやデメリットをまとめた記事もありますので良かったらそちらもご覧下さい。

合わせて読みたい

歯並びを治したいと思ったことはありませんか? そう思って調べてみると 歯列矯正は意外と種類があり、どの矯正方法にしようか迷ってしまう方も多いと思います。 私も色々調べた結果、マウスピースでの歯列矯正を選び、2年程継続して今もや[…]

広告

初めて装着した時の様子

いよいよマウスピースが届き、自分の歯に装着した時に思ったことは

気持ち悪いでした。

歯を固められている感じがするのと

最初は少し痛いので気持ち悪いと思いました。

慣れてくると気にならない

矯正を始めて1週間くらい経つと慣れてきて気にならなくなり、マウスピースを1日付けるのが当たり前のように思えてきます。

しかし、マウスピースを交換し、1~2日はまた少し痛くなります。

その後はまた慣れるので、矯正終了まで1~2週間の周期でこれの繰り返しになります。

歯磨きの様子

マウスピースに限らず歯列矯正をしていると歯磨きに気を使うことになります。

いつもやっているような歯ブラシを使っての歯磨きは長くやることになります。

歯の間に食べカスが残ったままマウスピースを装着していると歯の動きに影響が出るのでしっかり歯磨きをした方が良いです。

僕が使っているオススメの歯ブラシはこちら

歯磨き後はフロスとマウスウォッシュ

歯磨きした後はフロスで取り切れなかったカスを取っていきます。

仕上げにマウスウォッシュをやっています。

マウスピースをする前はフロスなんて使ったことがなかったのですが、矯正をきっかけにやるようになりました。

意外と歯ブラシだけでは落とせてない汚れやカスがあるのでこれは矯正が終わった後も習慣にしてやっていきたいと思ってます。

使っているフロスはこちらです。

持ちやすく自分で長さを調整する必要もないので使いやすいです。

マウスピースも洗う

自分の歯磨きが終わったらマウスピースも洗います。

正直ここがめんどくさい...。

何も食べていなくても歯の中には菌がたまっていくので、歯磨きでマウスピースを外した時に一緒に洗いましょう。

詳しい洗浄方法はこちらの記事に書いてあるのでぜひご覧下さい。

合わせて読みたい

マウスピースでの矯正を行っている方もしくは興味のある方 毎日付けているマウスピースの手入れはどうするのか気になっていませんか? 私もマウスピース矯正を2年程やっていますので、毎日行っている洗い方を紹介します。 [sitec[…]

仕事の日の様子

仕事の日でもマウスピースを常に装着することになります。

デスクワークをしている方は、デスクの上にお菓子やコーヒーを置きながら仕事をしている方が多いと思います。

しかし、マウスピース矯正中は何も飲み食いができません。

僕はいつも水を置いてます。

こうしてブログを書いてる時も基本的に水しか飲んでません。

疲れて少し休憩したくなる時もあるので、そういう時は外してます。

食事の際

家以外で食事をする際は、いつもトイレに行ってマウスピースを外してます。

矯正していることを公にしている場合は、気にせず人前でも外すことも出来ますが

目立ちたくないからマウスピースにしている方が大半なので

食事に行く前はトイレの個室でこっそりマウスピースを外してます。

何だか悪いことしてるみたいで生きづらいですね...。

手の消毒

トイレの個室でマウスピースを外す場合は手の消毒をした方が良いです。

トイレは菌の宝庫のため。

誰もいない時は洗面台の前で手を洗ってから出来るので大丈夫ですが

個室に入った時は消毒アルコールのハンドペーパーで口に手を入れる前に消毒しておきましょう。

外出時の様子

一番めんどくさいのは外出する時です。

食べ歩きなどできなくはないのですが何か食べる度にマウスピースを外さないといけないのでかなりの手間です。

僕は食べ歩きをする時はめんどくさいので何時間か外している時があります。

(これ、歯医者さんに言ったら100%怒られるので、もしやっていたとしても言ってはいけません)

1日20時間以上装着するように言われているのでそれを超えない範囲であれば問題ないはずです。

ただ、外してる間は歯が元に戻ろうとするので長時間外してから装着すると痛みを感じることがあります。

歯磨きは必須ではない

外出している時はどうしても歯磨きができないこともあるので

そういう時は歯磨きせずにマウスピースを装着してもいいそうです。

僕もよくやってます。

歯を磨いてない状態で付けると汚れが付いてしまうので家に帰ったらしっかり洗いましょう。

カレーを食べた後に装着したらマウスピース全体が黄色くなってたのはビビりました。

着色したものは落ちにくいので気をつけましょう。

矯正を考えている方は慎重に

歯列矯正を考えている方に向けてマウスピース矯正の実体験をお伝えしました。

目立たなくて痛みも少ないので良さそうと思いますが、いざ矯正をスタートすると結構面倒なことが沢山あります。

とはいえ、矯正をする上で目立たないことは大きなメリットになりますし、ワイヤー矯正と違って唇や舌を傷つけることはありません

こういったメリットとデメリットを考えて納得のいく矯正方法を選んでみてはいかがでしょうか。

 

広告