【仕事が辛くて辞めたい】逃げの転職、それでもいい

今の仕事がきつい、会社に行くのが嫌になる

そう思っている方は今すぐ転職をした方がいいかもしれません。

広告

すぐに仕事を辞めた方がいい人

仕事に大きな不満はない、特段に嫌なことはないけれど、転職してキャリアアップしたい

という方は今すぐではなく、現職での実績を出してからなど、タイミングを考えて転職をするのがいいですが

次に当てはまる方は今すぐ転職をした方がいいかもしれません。

  1. 業務時間が長い
  2. 人間関係に悩んでいる
  3. 正当な評価がされない

会社を辞めたいと思うほとんどの理由はこの3つではないでしょうか。

業務時間が長いと体力的にきつい人間関係が悪いと精神的にきつい

こういった考えがあると毎日会社に行くのがとても嫌になると思います。

その上、頑張って仕事をしているのに評価されないとなっては、仕事に対するモチベーションが全く上がらなく、何のために仕事をしているのか分からなくなりますよね。

残業が多い、休日出勤、悪い人間関係からは逃げよう

平日は毎日朝から晩まで仕事家に帰って来てもすぐに寝てまた朝から仕事、そんな毎日は楽しくありませんよね。それに加えて休日出勤ともなれば休める日がなくなってしまいます。

長時間労働に体が耐え切れず病気や怪我をしてしまっては元も子もなくなってしまいます。

さらに同僚との関係が上手くいかない、上司からパワハラやセクハラを受けているとなると病気になるリスクが高まります。

働き方改革により以前よりは減少しましたが、過労死という言葉があるように長時間労働により心身に多大な被害を及ぼし亡くなってしまうという例もいまだ少なくありません。

会社の体制が改善されないのであれば体を壊す前に逃げましょう。

「嫌なことから逃げ出して何が悪いんだよ」

エヴァンゲリオン新劇場版:破 碇シンジ

エヴァンゲリオンの主人公碇シンジ君が父親に向かって放ったセリフ。

嫌なことから逃げ出すのは賛否両論あると思います。

ケースにもよりますが嫌なことから逃げるのは悪いことではないと私は思います。

時には立ち向かっていくことが必要ですが、自分の体調面を考えれば逃げた方がいいのです。

責任感が強い人ほど真面目に仕事をこなして無理をしてしまう傾向があります。くれぐれも無理はせずに仕事よりも自分の体を優先させて下さい。

正当に評価がされないのは頑張りが足りないのか?

これは会社の評価制度によるので一概には言えませんが、過去の私の例を挙げます。

以前勤めていた会社では、年に一度目標を設定し、その達成度に応じて5段階の成績がつけられます。
1年間頑張って仕事をし、目標達成も出来ました。
翌年、上司からの評価は、全て評価できないと…。
理由は、目標設定の内容に点数が書いてないから判断できないとのこと。

つまり、目標を書いて、それが達成出来たら評価5というように私の目標設定にはその点数の設定が書かれていなかったため何も評価されなかったと。

学校の成績で例えるなら、国語のテストで100点取ったけど、100点取ったら評価5にするとは決めてないから1にするといったところでしょうか。

理不尽極まりないですよね。成績を決める基準は先生が考えるのと同じように、仕事での評価も上司が決めるものだと思っていました。

まして、最初に目標設定をした時に、最終的にOKを出した張本人がそんなことを言うのですから、これは正当な評価ではないと言っても良いのではないでしょうか。

このようにいくら頑張っても会社がそれを認めてくれなければ永遠に評価されなく、昇給や昇格は難しくなるでしょう。この場合もすぐに転職し、しっかりと仕事ぶりを評価してくれる会社に入社しましょう。

その方が給料も上がりやすいし、何よりモチベーションにもつながります。

転職してもまたすぐに辞める、根性がない、などと言われても気にしない

特にパワハラ上司から言われそうな台詞ですが、転職して新しい会社に入ってすぐ辞めるかどうかなんてその人には分かりようがありません。

これくらいで辞めるなんて根性がないとも言われる場合もありますが、ぶっちゃけこれらの考えは古いです。

昨今では、終身雇用の崩壊とも言われていますから、一つの会社に長年勤めるより、転職してキャリアを広げていった方がこれからの世の中に有利になっていくと考えられています。

なので、転職=逃げた=悪い

というネガティブな考えではなく、現状をより良い方向に変えていくというポジティブな考えを持って堂々と転職をしましょう。

何を変えたいのか明確にし、転職を決めよう

ここまで逃げることは悪いことではないとお伝えしてきました。

しかし、逃げの場合でもそうでない場合でも転職の際は、何を変えたいのか明確にしてから動き出すと転職で失敗することは避けられます。

  1. 残業が嫌なら残業時間の少ない会社を選ぶ。
  2. 人間関係が嫌なら事前に職場の人と面談を設けてもらって人の雰囲気を確かめる。
  3. 評価に不満があるならば転職先の企業に評価制度を聞く。

など現状で不満を持っていることを解決できるような会社を選びましょう。

そういった会社であれば転職してもまたすぐ辞めるなんてことにはならず、長く続けていけます。
パワハラ上司を論破できます(笑)

辛かったらすぐに辞めてじっくり転職先を決めよう

転職するのは、仕事をしながらの方がいいとよく言われます。その方が入が途絶えなくゆとりを持てるため、焦って決める必要もなくなるためです。

しかし、先ほどからお話ししているような残業が多かったり、人間関係でストレスになっている場合は体調のことも考慮して退職してから転職活動するというのもありです。

忙しくてなかなか休みが取れなかったりと、転職活動に十分な時間を割けないとそれこそ上手くいかなくなってしまうためです。

私も前職がブラックだったので会社を辞めてから転職活動を始めました。

その結果、企業研究や面接対策の時間が十分に取れて、内定を貰うことが出来ました。

もし今、ブラック企業で心身共に限界だと思っているのであればすぐに退職し、転職するという方法も可能です。

急に会社辞めるなんて言いづらいと思ったら過去の記事も参考にしてみて下さい

関連記事

転職先が見つかった、残業、休日出勤、人間関係が嫌で会社を辞めたい... そう思っても上司に退職の意思を伝えるのは勇気がいりますよね。 思い切って上司と話しをしようと思っても立ち止まってしまい、言えずに時間だけ[…]

体を壊す前に現状を変える行動をしましょう。

広告