【明日から社会人】憂鬱?入社日前日の過ごし方

4月1日は、新卒の方なら入社式。
転職の方は、4月1日付入社の方が多くいることでしょう。

新入社員となる方は学生から社会人へと人生の中でも大きな変化になる時期ですね。

社会人になると毎日朝から晩まで働くなどのネガティブなイメージを持つ方も少なくないと思います。

転職でブランクのある方なら久しぶりの仕事ということで会社に行くのが億劫になってるかもしれないですね。

私も4月1日入社で、前職を退職してから数か月のブランクがあるので億劫になっています。

今回は、そんな憂鬱になる人が多いであろう入社日の前日の過ごし方について紹介していきます。

広告

ネガティブなことよりもポジティブなことを考えよう

 

仕事って
残業が多かったり、人間関係がめんどくさそう。

このように多くの人がネガティブな印象を持っていると思います。

確かに残業があったり人間関係が悪いなどの面があるということは、必ずではないですが、否定はできません。

しかし、会社にはいいこともあります。そういった良い面を見て入社することをポジティブなこととして捉えてみてはどうでしょうか。

合わせてこちらの記事も読んで頂くとより参考になるかと思います。

良いこと① お金が増える

みんなが働いてて一番楽しみにしていることは給料が入ることではないでしょうか。

学生時代のアルバイトとは比べ物にならないほどの給料が入ります。

今まで高くて手に入らなかった物も社会人だと手が届きやすくなります。

まずは、初任給が入る日を確認して使い道を考えておくと会社で働くことが楽しみになってくると思います。

良いこと② 新たな出会いがある

新卒でも転職した人でも、環境が変わるすべての人に共通して言えることは、新しい出会いがあるということです。

良い人も悪い人も色々な人がいる社会だからこそ

自分と趣味や価値観の合う仲間が見つかる可能性が高いです。

新卒の方であれば、同期と仲良くなりやすく、仕事終わりに飲みに行ったり、休日出かけたりするのは楽しいですよ。

また、運命の出会いも会社には多いです(笑)

私の知人でも会社で出会って結婚した人が多いので、そういった出会いもあるかもしれません。

会社に入って早い段階で実感できる良いことは主にこの2つといったところです。

こういったポジティブな妄想をして憂鬱な気分を吹き飛ばしましょう。

憂鬱な前日の過ごし方

良いことをイメージしていても、やはり今までの環境から変わるのは憂鬱だし、直前になると緊張すると思います。

諦めて書類の準備をする

遅かれ早かれ社会に出ていくのは決まっているので観念して入社書類の確認をしておきましょう。

早めに準備をしておけば、心の準備も出来るし、後は自由に好きなことが出来る時間になります。

直前に慌てないためにも早めに準備をしておいた方がいいですよ。

趣味に没頭する

入社日の前日だからといって何も特別なことはないのです。

入社の準備が整ったら、あとは普段の休日と同じように時間を使って憂鬱なことを忘れましょう。

好きなゲーム、漫画、音楽、動画など、いつもやっていることで時間を使えば緊張もしなくなると思います。

 

 

外を散歩したり、カフェに行くと
嫌なことを忘れられるのでいいですね。

お風呂に入ってゆっくりする

いよいよ明日から仕事が始まるという日に、あまり疲れることはしたくないですよね。

運動して気分をスッキリさせたい人もいるかと思いますが、そういう人でも運動の後は、湯舟に浸かってゆっくりしましょう。

リラックスした状態でじっくり将来のことを考えると、会社に行くのが案外楽しみになりますよ。

早めに寝る

入社日前日は翌日に備えて早く寝ておきましょう。

遅くまで起きていても緊張したり憂鬱になったりするので、余計な考えが浮かばないように早く寝ましょう。もちろん、当日の集合時間と場所、交通経路は確認してから。

 

余裕を持って家を出られるように
予定より30分早く起きるぞ。

 

明日から規則正しい時間に起きるために
生活リズムを整えておかないと。

準備の時間を十分に確保し、余裕を持って家を出るために思っているより30分早く起きるのがベター。

そのためにも前日までには生活リズムを整えておくのがベストです。

入社前日の過ごし方 まとめ

多くの人が会社で働くというのは憂鬱なことだと思います。

しかし、数か月もすれば慣れてきて仕事が楽しいと思える日もやってきます。

何より、不安に思っているのはあなただけじゃない。
みんなが思っていることだと覚えておきましょう。

 

一人じゃなく、みんな同じことを思っていることが分かれば勇気も出るはずです。

社会に出てみないと分からない様々な出会いに向けて飛び込んでいきましょう。

それでは、皆さん、と私(笑)

明日から元気に行ってらっしゃい!!

広告