学生から社会人になって驚いたこと5選

学生から社会人になると色々なことが変わります。
また、社会人になってから驚くことも多々あると思います。

今回は、多くの社会人が新卒の頃に驚くことを5つ紹介していきます。

 

広告

学生から社会人になって驚くこと

社会人になって驚くことは以下の5つです。

  1. 税金
  2. 子供な人がいる
  3. 満員電車
  4. 母の偉大さ
  5. 休日のありがたみ

①税金

仕事をしている人なら誰もが楽しみであろう給料日。
新社会人にとっては初めての給料。とても楽しみですよね。

 

待ち望んでた初任給!!
20万も入るの楽しみだな!

しかし、労働者には切っても切り離せないものが税金です。

所得税、健康保険、厚生年金...
初任給が20万円の場合、これらの税金を引くと手元に入るお金(手取り)は17万円程になります。
社会人になったばかりの日本国民が全員驚くことだと思います。

税金で給料が引かれることは分かっていても、予想より多くて驚いた人は多いのではないでしょうか。

②意外と子供な人がいる

新卒で入社したら周りはみんな社会の先輩。
バリバリ仕事が出来る大人な人間を想像している人も多いでしょう。

 

みんなスーツを着こなして
しっかり仕事してるんだろうなあ。

しかし、色々な人がいる社会だからこそ、時には本当に大人なのか疑うほどの人もいます。

あからさまに機嫌が悪いことを顔や声、動作で表している人。
文句ばかり言いながら仕事している人。
などなど、立派な大人とは思えないほど幼稚な言動をする人も多くいます。

社会人になっても意外と中身が子供の人がいることに初めは驚くでしょう。

③満員電車

学生の頃は変則的な時間割であったりするので、朝の通勤ラッシュを経験したことは少ないのではないでしょうか。
どの会社も出勤時間は8時~10時が多いのでそれより前の時間は必然的に電車が混雑します。

朝のピーク時は、人がギュウギュウ詰めになることや、それでも意外と人が乗れるということに驚くと思います。

 

人がいっぱい乗り込んできて
押しつぶされるかと思った…

実は仕事よりも朝の満員電車の方が疲れるという人もいます。

④母親の偉大さ

一人暮らしをすると、今までは親にやってもらってた家事を自分でやらなくてはいけなくなります。
料理や洗濯、掃除、これらを毎日やっていた母親の存在にありがたみを感じるでしょう。
また、仕事と家事両方やっていたなら、さらに偉大さを感じると思います。

 

家事を毎日やってくれてた
お母さん、ありがとう。

仕事をして給料を貰うと
お金を稼ぐことの大変さを身をもって知るので、一人暮らしでなくても母親や父親が今まで仕事で稼いできてくれたおかげで今の自分がいるということに気づくでしょう。

⑤休日のありがたみ

週5日働くと休みの日がとても貴重になりありがたく感じます。
会社に拘束されてた5日間から解放されてやりたいことを思いっきりやれる休日は最高ですよね。

土日の休みを楽しみに平日の仕事を頑張ろうと思ってる人も多いです。

 

来週は旅行に行くから
一週間頑張るぞ!!

 
仕事終わったら映画が観れるから
今日も頑張ろう!!

社会人になるとお金の余裕も出てくるので、色々な休日の過ごし方が出来ると思います。

まとめ

社会人になると良いことでも悪いことでも、驚くことが多くあると思います。
働くことは大変だったり、理不尽なこともいくらでもあります。
しかし社会人は意外と楽しい

なんだかんだでそう思える日が来ます。

これが一番驚くことではないでしょうか。

広告