現地まで行かなくていい!オンライン内見のメリット・デメリット

引っ越し先を探す際、多くの方が現地に行って物件の内見をすると思います。

しかし、最近はコロナの感染防止のため内見もオンラインでやる不動産も増えてきています。

オンライン(リモート)飲みやリモートワークなどと同じく内見もネットに繋いで行います。

僕も実際にやってみたので、その際に感じたオンライン内見のメリットとデメリットをお伝えします。

広告

オンライン内見のメリット

①時間短縮

自宅にいながら内見をするので当然ですが、移動時間がなくなります。

一般的な内見の流れは

  1. 不動産へ行く
  2. 担当者と相談・希望を伝える
  3. 担当者が物件を探す
  4. 空いてたら内見に行く
  5. 再び不動産に戻り申込みをするか決める

このような流れになっています。

引っ越し先が自宅から遠い方は特に大きなメリットになります。

さらにオンラインでは内見だけできるので、
不動産屋の担当者との相談の時間や見たい物件が決まってるのに勝手に他の物件も探されるという無駄な時間もなくなります。

こうしてる間にも申し込みが入るかもしれないのにー!!

一番時間がかかるところなので、これがないのはかなりいいですね!

そして、無事に内見が終わり再び不動産に戻って来て、場合によっては申込みするかどうかを相談することになります。

申込みしたい物件があればいいのですが、内見をしてやっぱりやめようと思うこともあるでしょう。

そんな時に無駄足にならずに済みます。

②他の人に取られたらすぐ知らせてくれる

ネットで物件を探し、気になる部屋があったら内見ができるかどうかお問い合わせをしますよね。

その後、「内見出来ます」と不動産から連絡があると行く時間を予約すると思います。

多くの不動産は、実際に来店するまでの間に希望の物件に申込みが入り、内見できなくなったとしても連絡はくれません。

当日不動産に行って初めて知らされることがほとんどです。

希望の物件がないのに不動産屋が他の物件を探し紹介するので、かなり無駄な時間になってしまいます。

そこでいい部屋が見つかるといいですが、僕の経験上あまりいいところは見つかりません。

その点オンライン内見だと他の人から申し込みが入り、見学ができないとなったら連絡が来るのでその後どうするかは自分で決められるので無駄な時間がなくなります。

③担当者が詳しく教えてくれる

オンラインなので、自分の見たいように見れないのはデメリットでもあります。

しかし、その分内見を案内する担当者が部屋や外の様子を詳しく説明してくれるので実際に住んでみた時のイメージが掴みやすくなります。

気になったところがあった時に質問するとしっかり教えてくれるので安心です。

僕がオンライン内見した時は、部屋の外の様子や周りにどんなお店があるか、駅までの道のりなども教えてくれたので、かなりイメージが掴めました。

こちらは担当者によるところがあると思いますが、質問すると教えてくれるので積極的に聞きましょう。

オンライン内見のデメリット

①広さや大きさが分かりにくい

実際に自分の目で見るのと違い、画面越しだと部屋やクローゼットの広さ、キッチンやお風呂などの設備の大きさが分かりにくくなっています。

オンラインで見た時は広そうだったのに実際住んでみると意外と狭かったということになりかねません。

お気に入りの家具が置けないなんてことになったら悲しいですよね。

こうならないためにも不動産屋さんにメジャーを持って行ってもらい、大きさを測ってもらいましょう。

②接続が悪くなる

オンライン内見だと案内してくれる担当者はポケットWi-Fi当でネットに繋ぐと思います。

たまにネット環境が悪くなると途中で止まったり回線落ちなんてことも起こってしまいます。

接続が悪いと画質が荒くなり、ちゃんと映らない部分も出てきてしまいます。

内見した時は気付かなかった傷や汚れもあるかもしれません。

回線が復活したら止まっててよく見えなかったところはもう一度見せてもらうようにしましょう。

③音やにおいが分からない

オンラインではなかなか周りの騒音が入ってきませんし、においなんて分かりません。

電車や車などかなり大きな音だったら気づけるかもしれませんが、通信してる時は分からないけど自分の耳で確かめたら結構気になるレベルの騒音もあったりします。

線路の近くや大きい道路の近くなどはある程度予測は出来ますが、外を見せてもらった時にしっかり確認しておきましょう。

また担当者に騒音や異臭などしないかちゃんと聞いておくと良いですよ。

まとめ

オンライン内見は自宅にいながらでも物件の様子がわかるので、わざわざ不動産に行かなくて済むという大きなメリットがあります。

しかし、実際に見ていないので住んでみたらイメージと違ったという可能性もあります。

オンライン内見は

  • 引っ越し先が遠く、現地まで行くのに時間がかかる
  • 不動産に行くのがめんどくさい

という方にはおすすめです。

一方で

  • 部屋の雰囲気や周辺の様子をしっかり見ておきたい
  • 初めての一人暮らしで自分が生活するイメージが持てない

とい方には、実際に現地に行っての内見する方が良いと思います。

また

  • 不動産に行くのがめんどくさいけど内見はしたい

という方は、希望の物件に現地集合できる不動産もあるので、そういうところを探してみるのもおすすめです。

こちらの記事でも紹介しています。

合わせて読みたい

賃貸契約の初期費用をできるだけ安く済ませたいと思ってはいませんか? そんな方のためにyeah!(イエー)という不動産の比較サイトがあります。 初期費用をなるべく安く抑えたいという方や住みたい物件が決まっている方にはオススメです。 僕も[…]

長く住むことになる部屋なので、後悔はしたくありませんよね。

しっかり検討し、納得のいくお部屋が見つかることを願っています。

広告