一人暮らしして分かった!これは節約しない方がいいこと

どうも、一人暮らし始めて3年のアキサメです。
憧れの一人暮らしですが、どうしてもお金はかかります。
最初の頃は色々節約してましたが、やりすぎると節約もきつくなってくるので、これは節約してはいけないと思ったこと4つ紹介します。

広告

これは節約しない方がいいこと

その1 食費

一人暮らしをすると自炊をしてみたくなりますよね。
でも一人で毎日一汁三菜作るのは大変なことですし、上手く食材を使わないとかえって高くなってしまいます。

安く済ませるためにおかずの種類を減らしたり、カップ麺などのインスタント食品をよく食べたりしては、栄養バランスが悪くなってしまいます。
まして食費を抑えるために食べる量を減らすなんてことは絶対にやめましょう。

栄養不足による病気を引き起こしたり、体調を崩しやすくなります。
病気になり、病院で治療したり薬を貰ったりすると食費以上にお金がかかってしまい元も子もないなんてことなってしまいます。

外食やコンビニ弁当もたまにはいいですが、バランスをしっかり考え、食費はケチらないようにしましょう。

その2 エアコン代

夏と冬はエアコンが必須ですね。
その時期になるとエアコンを長時間使うので電気代が勿体ないと思うかもしれません。

夏の平均気温は毎年上がっていて、猛暑となる日が多く、40℃を超える地域もあります。
また、夜になってもあまり気温が下がらず、熱帯夜(夜間の気温25℃以上)となる日も続いていました。


そんな日にエアコンをつけずにいると熱中症になってしまいます。
エアコンをつけていても極端に冷房の温度を上げたりするのも熱中症のリスクがあります。
夜は勿体ないからとタイマーで止まる設定にしても暑くて目が覚めてしまい、翌日に響きます。

熱中症や睡眠不足によって体調を崩したり、倒れてしまっては大変なことになるので、できれば家にいる時は常にエアコンはつけておきましょう。

冬場は着込めばあまり寒くなりませんが、部屋が寒いと風邪を引くので暖房もケチらずにつけた方が良いです。

その3 お湯代

一人暮らしだと毎日お風呂に入らずシャワーだけで済ませてしまう人も多いと思います。
しかし、シャワーだけだと体が温まらないし、疲れも取れません。

湯舟に浸かることは、疲労回復リラックス効果があります。
また、冷え性むくみの改善にもなります。
特に冬の寒い時期にはお風呂に入った方が良いです。

ガス代を気にするのであれば、お湯の量を少なめにして入っても同様の効果があります。

とはいえ、一人暮らしだと毎日のお風呂掃除もして、お湯が勿体なく感じてしまいます。
そういった人は、湯舟に浸かる日を決めて入るのもいいと思います。
オススメは1週間分の疲れが溜まっている金曜日です!

その4 交際費

いくら節約を心がけているからといって友人や恋人との付き合いまで節約しては楽しいことがなくなってしまいます。
お金が勿体ないから遊びに行かないというのはよくない節約です。
お金を貯めても楽しく使えなければ意味がありません。

だからといって友人と遊ぶ時はお金を気にせず使ってもいいということではないですよ。
友人や恋人と一緒に過ごす時ぐらいは、ケチケチせずに遊びましょうということです。

ある程度のお金は楽しむために使うものと考えて
大切な友人、恋人との時間を過ごしましょう。

一人暮らしだと家賃や生活費全てを自分で賄わないといけないので、どうしても節約しなきゃと思ってしまいます。
しかし、普通に働いて普通に生活していればお金に困ることはありません。

将来のことを考え貯金もしながらお金を使うところは惜しみなく使うというのが
一人暮らしをしていく上で大切なことだと思います。

適度に節約し、お金に困らない生活を送りましょう。

関連記事

4月も2週目に入り、新社会人の方々は研修、早いところだと仕事を覚え始めている時期でしょうか。学生から社会人になると生活がガラッと変わるのはもちろん、様々な変化があると思います。   毎日決[…]

広告