会社辞めて無職になったら幸せか?それとも憂鬱になる?

毎日残業で夜遅く帰り、明日も朝早くから仕事・・・

そんな毎日からようやく解放されてハッピー!!

会社を辞める前は、退職したらやりたいことを沢山思い浮かべてウキウキしますよね。

しかし、会社を辞めたとしても必ず幸せになるとは限らないかもしれません。

広告

退職した直後は解放感があり幸せを感じる

嫌いな仕事、人間関係、色々なストレスから解放されて最高に幸せを感じることが出来るでしょう。

たいていの方は残ってる有休を消化し、働かずに給料が貰えるという状態が作れます。

私も昨年末に退職し、有休消化をして丸1か月は給料を貰っていました。

旅行に行ったり、好きなだけ読書したり映画を観たり、毎日仕事で手につかなかったことに時間を費やすのは誰にとっても幸せです。

会社を辞めて良かったと心から思うことでしょう。

退職して2~3か月経つと暇すぎて焦る

自分の時間を自由に使えるのは素晴らしいことですが、時間が経つにつれてやることがなくなっていくのと、収入がなくなったことへの不安から焦り始めることもあります。

さらに今まで給料から天引きされていたのであまり気にしていなかった

年金住民税健康保険の徴収も始まり、お金の余裕もなくなっていきます。

ある程度の貯金はあるかとは思いますが、収入がないので焦りは大きくなってしまいます。

また、仕事から解放されると自由になりますが、裏を返すと毎日が暇になるということになります。

自粛疲れなんて言葉があるように、人間は暇すぎると疲れが出てくるものです。

忙しい時は休みたいと思うのに不思議ですよね。

無職期間が続くと鬱になる

仕事しない日々が続くと、この先就職できるのか、と不安になったり

社会から置いていかれてるような気がして軽い鬱になったりすることもあります。

会社辞めたことを後悔する時もあるかもしれませんが、そういう時は改めて会社を辞めた理由を思い返してみて下さい。

あのまま会社に残っていたとしたら、人間関係のストレスや業務時間の過多によって体を壊していたことも考えられます。

鬱から抜け出し、今の時間を楽しもう

無職で憂鬱にならないために私がやっていることは、毎日外へ出て散歩をすることです。

散歩をすることで気が紛れるし、運動にもなるのでストレス解消にもなります。

たまには友人と会って食事をしてみるのもいいでしょう。

外へ出て、人と話すことで自分の存在意義を改めて確認でき、楽しくもなるので憂鬱な状態もなくなると思います。

暇な毎日でも工夫をして、人生で滅多にない自由な時間を有意義に使いましょう。

関連記事

どうも、アキサメです。 以前の記事でも紹介しましたが、私は2020年末で会社を辞めました。 理由は、残業の多さ、人間関係、それらが全く改善されない会社の体制 こういったありがちな理由で、会社を辞[…]

広告