退職を認めてくれない?引き止められた時にやってみて欲しいこと

上司に「会社を辞める」と伝えたら引き止められ、退職届を受け取って貰えなかったという経験はありませんか?

僕も前職を退職する時は課長と3回、部長と2回面談をしてようやく退職を認めてもらいました

このような例は珍しいかもしれませんが、
実際に退職を引き止められた時はどうするのがいいのか?
こちらを解説していきます。

退職を言い出せない方へ

転職先が見つかった、残業、休日出勤、人間関係が嫌で会社を辞めたい... そう思っても上司に退職の意思を伝えるのは勇気がいりますよね。 思い切って上司と話しをしようと思っても立ち止まってしまい、言えずに時間だけ[…]

広告

退職を引き止められたら

退職を伝えに行った時、上司に何を言われるかによって対応が異なってきます。

根拠のない精神論の場合

「うちで続けられなかったらどこに行っても続けられない」や「一度辞めたら辞め癖がつく」

など根拠のない精神論を言ってくる場合は何も気にせず退職の意思を貫きましょう。

いくつもの会社で働いたことのある上司なんていないので、他の会社であなたがやっていけるかどうかなんて分かるはずがないのです。

退職した後どうなるかはあなた次第です。

どうなるかなんて誰にも分からないので、根拠のないことを言われたとしてもひるまず退職の意思を伝えましょう。

環境の改善を提案された場合

今いる部署の労働環境が不満で辞めたいと思っているなら
上司から改善案を出された場合もあります。

その際は、一度考えてみるのもアリかと思います。

業務時間が多くて辞めたいと思ってる場合
人員補充業務内容の見直しをすると言われることがあります。

人間関係などに不満を持っている場合は、部署移動を持ちかけられることもあります。

そういう時は一度立ち止まって退職を考え直してみるのも一つの方法です。

労働環境の改善や部署移動で今の不満が解消されるかどうかを考えてみて下さい。

ただし、いつまでに実施されるのか確認をとっておかないと
とりあえず引き止めたいから言っただけの場合もるので、いつまでも変わらないままになってしまう可能性も大いにあります。

仕事が落ち着いたらにして欲しいと言われた場合

今は仕事が忙しい時期だから落ち着いてからにして欲しいと、退職を先延ばしにするよう言われる場合もあります。

明確に繁忙期の終わりが見えているのであれば考えてもいいかもしれませんが、

忙しくて人手が足りないのは会社の責任です。

あなたが退職を踏みとどまってまで続ける必要はないのです。

このような場合も自分の意思を通していきましょう。

引き止められない退職理由を伝える

退職を伝える時は、必ず理由を聞かれます。

その時は引き止めようがないような理由を伝えましょう。

こちらの記事に具体的な理由をまとめていますので、ぜひご覧下さい。

合わせて読みたい

会社を辞めたいと思っても、なかなかいい理由が見つからない方は多いと思います。不満があって辞めたいわけですが、それを直接伝えると引き止められる原因になってしまうので、良い理由を考えてもなかなか浮かばないものです。 […]

ダメなら一度引いてみる

しっかりと退職理由も伝え、意思が固いことも伝えても引き止められることもあるでしょう。

その時は一度引いてみるのが効果的です。

恋愛と同じで押してダメなら引いてみるという作戦と似てますね。

期間を設けて考えてみて、もう一度上司を呼び出してみて下さい。

しっかり考えた結果、退職の意思は変わらないとなれば上司も快諾してくれます。

退職の意思はしっかり伝えましょう

いくら上司から引き止められようと最終的に決めるのは自分です。

退職理由などを用意しておくのも大事ですが、しっかり自分の意思を伝えることが何よりも重要です。

引き止められても退職の意思を固めておけば、ちゃんと退職届を受け取ってもらえます。

スムーズに退職できるための準備をし、意思を固めておきましょう。

 

 

広告