ベンチャー企業の特徴~メリットとデメリット~

  • 2021年8月22日
  • 2021年8月22日
  • 転職

ベンチャー企業ってどうなんだろう?

転職活動をしていてこう思ったことはありませんか?

私も大企業からベンチャーへ転職する前は疑問に思ってました。

今回は入社してから気づいたベンチャー企業の特徴をご紹介します。

あわせて読みたい

昨年末(2020年末)に会社を辞めて転職活動を開始し、2021年4月から新しい職場で働き始めました。   アキサメの新生活スタート!! そして、転職してから1ヶ月[…]

広告

ベンチャー企業とは

ベンチャー企業の明確な定義や基準はありませんが一般的には

  1. 新しいアイデアや技術を使ってサービスを提供する
  2. 成長過程にある企業

こういった企業のことを指します。

ベンチャー企業のメリット

まだ発展途上にあるベンチャーのメリットは次の3つがあります。

経営陣との距離が近い
若いうちから活躍できる
新しいことに挑戦できる

①経営陣との距離が近い

ベンチャーの特徴として挙げられるのが経営陣との距離が近いことです。

社長や役員といった会社の経営陣と気軽に話したり、仕事の相談ができるのが特徴です。

機会があれば会社を設立した時の話など聞いてみるといいかもしれません。

将来企業や独立を目指している方にはいい経験になります。

②若いうちから活躍できる

ベンチャーは若い人が多く、大企業のように年功序列の制度がない会社が多いので若いうちから活躍したり管理職になれたりします。

若いうちから活躍し、管理職になることで給料が上がったり

転職をする際も有利になったりするのでチャンスがあれば管理職を狙うのもアリです。

③新しいことに挑戦できる

ベンチャーはとにかく新しい事業を増やしていく傾向があるので新しいことに挑戦する機会が増えます。

そのためスキルアップもでき、早く成長できるのがメリットになります。

チャレンジ精神のある方にはとてもやりがいのある仕事ができるのではないでしょうか。

ベンチャー企業のデメリット

やりがいのある仕事ができるベンチャーですが、反対にデメリットもあります。

会社の制度が整っていない
社長のワンマン経営

①会社の制度が整っていない

歴史の浅い会社が多いベンチャーは大手や中小企業に比べると福利厚生や仕事の評価制度が整っていない企業が多いです。

福利厚生の豊富な大手企業から転職すると物足りなく感じたり、不満に思う点が出て来てしまいます。

ベンチャーでも最低限の福利厚生は整ってる会社もあるので、気になる方はそういった会社を探してみるといいかもしれません。

②社長のワンマン経営

良くか悪くかベンチャーは社長の一存で全てが決まることが多いです。規模が小さい会社なので仕方ないことかもしれませんが。

そのため急に新規プロジェクトが立ち上がることもあれば

逆に予定していたプロジェクトがなくなることもあります。

中には会社の方向性が変わることも。

実際に新規プロジェクトのために入社した方が
そのプロジェクトが途中で中止になり会社を辞めた

なんてことがありました。

こればかりは入社してからでないと分からないことですね。

こうならないためにも入社する前に社長の人柄や会社のこれまでの事業をよくチェックしておく必要があります。

ベンチャー企業に向いてる人

ベンチャー企業の3つのメリット2つのデメリットをご紹介しました。

結論として、ベンチャー企業に向いてる人は

  • チャレンジ精神がある
  • 早くスキルアップしたい
  • 将来企業や独立を目指してる

こういった考えのある人はベンチャー企業はオススメです。

ベンチャーと言っても会社によって制度が全く違うのでよく調べておく必要があります。

面接では社長が出てくると思うので、その際に気になるところを質問しておくとより会社のことが分かります。

これからベンチャーへ転職しようと考えている方は、これらをふまえて企業を選んでみるといいかもしれません。

 

広告