就活生必見!!リモート面接のメリット・デメリット

最近の就職活動では、コロナの感染防止のため対面で面接を行うのではなく、オンラインでのweb面接を取り入れてる企業が多くなっています。
就活生は初めての面接となりますが、転職活動をされている方は以前の対面とは違い、戸惑うこともあるかもしれません。

私も数か月前に転職活動を行い、何度か面接をしたところ9割程がリモート面接でした。
その時の様子や実際にリモート面接を受けてみて感じたメリットやデメリットをお伝えします。

関連記事

今、転職を考えてるけど、コロナ過だからと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 私は、昨年末に退職し、今年の1月から本格的に転職活動を始めました。 今回は、私が体験したコロナ過での転職活動の様子をお伝えし、[…]

広告

リモート面接の様子

最近転職活動を始めた方は、リモート面接は初めてでどう対策すればいいのか分からなくて戸惑っている方も多いと思います。

基本的には、対面と何も変わらないので、面接対策も以前就活や転職活動をした際と同じ感じだと思えばオッケーです。

ただし、オンラインならではの良い点や悪い点がそれぞれあるので、続いてリモート面接でのメリットとデメリットを解説していきます。

リモート面接のメリット

1.移動時間がない

自宅でwebで面接が出来るので、移動時間がないというのは大きなメリットになります。
特に面接地が遠い場合、30分~1時間程の面接のために何時間もかけて行くのは大変ですよね。
そういった無駄な移動時間をなくし、その分面接の準備に取り組むことが出来ます。
また、交通費も浮くのでこちらもメリットになります。

2.あまり緊張しない

自宅という普段生活している環境では、落ち着いてリラックスした状態で面接ができると思います。
それでも緊張する方は、緊張すると思いますが、対面で面接するよりはリラックスできます。

面接室のドアを3回ノックして「失礼致します」と言って入る
という堅苦しい動作をしなくて済むだけでも緊張の度合いが違ってくるのではないでしょうか。

webの場合、面接が始まる前のパソコンの前で待ち続けるのは少し緊張すると思いますが…。

どうしても緊張してしまう方はこちらの記事も読んでみて下さい。

関連記事

就職活動や転職活動、どんな時でも面接は緊張しますよね。 実際に面接の場に行って、話を始めると緊張がほぐれていきますが、直前や前日の夜など緊張して落ち着かなくなる人も多いと思います。 この記事では、面接直前まで[…]

3.メモを取りやすい

パソコンに向かって面接を行うので机の上にパソコンを置いて、その隣にメモを置いておけば、すぐに書けるので便利です。
対面だと机がないことが多いのと、メモを取りながら面接するにのは失礼なのでは?と思ってしまい、なかなかメモはしづらいと思います。
web面接では話を聞きながらメモも同時に取れるのでこういったメリットもあります。

また、最後の逆質問の時にメモの内容を見返しながら質問内容を考えると困ることはなくなります。

4.カンペを用意できる

万全に面接対策をしていても、本番で緊張してしまい用意していた質問の答えが出てこないことがありますよね。
そういった時のために近くに質問の回答内容を書いた紙を置いておくと、いざという時に助かります。

ただし、面接官と話している時に下を向くとバレてしまうので、本当に困った時に一瞬だけ見るようにしましょう。

オンラインだと顔が一番目立つため、相手からすると目の動きがまる分かりになるので気を付けて下さい。

5.下半身はどんな服装でも良い

こんなことを言うと面接官の立場の人に怒られるかもしれませんが...
画面に映るのは上半身だけなので、上だけスーツを着ていれば問題ありません。
スーツは夏は暑く、冬は寒いので、その日の気温に合ったズボンもしくはスカートを履いて快適に面接に臨めます。

実際、在宅勤務でweb会議をする時、上だけスーツに着替えるという方は多いと思います(笑)。

リモート面接のデメリット

1.会社の雰囲気が分からない

実際に会社に行くことがないので、会社の雰囲気が分かりません
パソコンのカメラを使って社内の様子を映して貰えることもあるようですが、それは稀なケースです。

1次面接から最終面接まで全てwebで行う企業は、逆質問の時に会社の雰囲気を聞くと良いと思います。

2.電波が悪いと上手く出来ない

自分の家もしくは面接官の会社のネット回線が悪いと遅延などが発生し、声が聞き取れなかったり、途中で止まってしまうこともあります。

もし電波が悪くて聞き取れなかったとしたら正直に伝えましょう。
面接官もそういうことがあると分かっているので、悪い印象は持たれません。

止まってしまった場合、後日改めて行う可能性もあるので、そうなってしまったら手間がかかるのでデメリットになります。

3.面接中に家族が入ってくる

実家暮らしだとこうしたアクシデントも起こる可能性があります。
間違ってお母さんが部屋に入って来てしまうこともあるので、面接前にしっかり伝えるかドアに張り紙をしておきましょう。

もし入って来たとしてもマイナスになることはないですが、恥ずかしい思いをします(笑)。

4.話すタイミングが分かりにくい

webだとお互いが話し出すタイミングが重なってしまうことが多々あります。
少し気まずくなってしまうと思いますが、先に面接官の方に話して貰ってから自分の話をしましょう。

この場合も特にマイナスになることはないので、あまり気にせず面接を続けましょう。

リモート面接はどうなのか

リモート面接のメリットやデメリットを上げて来ました。
移動する手間がない分リモートの方がいいと思う人もいれば、雰囲気が分からないから対面の方がいいと思う人もいるので人によって考えは異なります。

私個人としては、移動時間がなく面接を受ける側、面接をする側、どちらも時間の節約になるのでリモート面接は良いと思ってます。
1次面接や2次面接はリモートで最終面接は対面で会社の様子を見てもらうという形が一番良いのではないかと思います。

コロナで就活のやり方も変わっているので、上手く対応しながら面接に臨みましょう。

広告