副業や在宅ワークを快適に!ゲーミングチェア「AKRacing」のレビューはこちら

【ポケモンダイパリメイク】最初に選ぶ御三家ポケモンおすすめ

ポケットモンスターダイヤモンド・パールのリメイク作品

ポケットモンスターブリリアントダイヤモンド
ポケットモンスターシャイニングパール


 

ポケモンシリーズでは、毎回最初に選ぶ3匹のポケモン(通称御三家)に悩む方は多いのではないでしょうか。

そんな方のために、ダイパを何度もクリアし

3匹全てのポケモンを使って旅してきた私が3匹の中で、オススメとそれぞれの特徴を解説します。

 

目次

シンオウ地方の御三家

 

すでにご存知の方が多いと思いますが

ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパールシンオウ地方が舞台になっています。

そして、冒険の最初に仲間にできるポケモンは

  • ナエトル
  • ヒコザル
  • ポッチャマ

の3匹となっています。

タイプはどのシリーズでもお馴染みの草、火、水です。

結論からいくと、シンオウ御三家はどのポケモンを選んでも強です。

僕のおすすめは ヒコザル>ポッチャマ>ナエトル の順になってます。

それぞれの特徴を解説していきます。

ナエトル

 

出典:ポケモンずかん

 

草タイプのナエトル

最初のジムリーダーは岩タイプ使いなので、序盤からの活躍は期待できます。

レベル18でハヤシガメレベル32でドダイトスへ進化。

ドダイトスになると地面タイプが追加され、進化と同時に地面タイプ最強クラスの技「じしん」を覚えます。

レベル32で高威力の技を覚えられるのがナエトルの強みです。

他にもレベルアップで「かみくだく」、技マシンを使えば「ストーンエッジ」など岩タイプの技も覚えられるので、汎用性が高くなります。

 

ちなみに草と地面の複合タイプは全ポケモンの中でもドダイトスしかいません。

 

耐久力は高いですが、素早さが遅いので、多くのポケモンに先手を取られてしまうのが欠点。

また、じめんタイプが付いたことにより氷タイプのダメージが4倍になることには、注意が必要です。

相性のいい水タイプのポケモンは、氷タイプの技を覚えていることが多いので、繰り出す際は気を付けましょう。

 

草タイプは弱点が多く、ストーリーでは苦労することが多いのが恒例です。

特に悪の組織である「ギンガ団」は、飛行タイプや毒タイプのポケモンが多いので、ギンガ団戦には、不向きなのが欠点になります。

 

ナエトルは進化するとヘビー級のポケモンになるので、高耐久高威力なポケモンが好きな方にオススメ!

 

 

ヒコザル

 

出典:ポケモンずかん

 

炎タイプのヒコザル

ダイヤモンド・パールでは、野生の炎タイプのポケモンがポニータと進化系のギャロップしか出ないので、貴重な炎タイプでした。

マイナーチェンジであるプラチナで、炎ポケモンが増えましたが、それでも希少価値の高いタイプと言えるでしょう。

ダイパリメイクは、地下大洞窟でヘルガーが出現するので、選択肢は少しだけ増えます。

 

ヒコザルを選んだ場合、最初のジムリーダー戦(岩タイプ使い)で苦戦します。

この救済措置か、レベル12で「グロウパンチ」を覚えるようになりました。

おかげで、岩タイプの弱点を突くことができます。

しかし、逆に岩タイプの技が効果バツグンになってしまうので、モウカザルに進化させたほうが安心です。

 

モウカザルへ進化すると格闘タイプがつくので、岩タイプの技が等倍になります。

レベル14で進化と御三家の中では、早いので、最初のジム戦までに育てておきましょう。

 

最初は地道なレベル上げが必須になりますが、頑張ってモウカザルに進化すると、活躍する場面が多くなります。

 

レベル36でゴウカザルへ進化すると、格闘タイプ最強クラスの技「インファイト」を覚えます。

 

炎タイプの技は終盤で覚える「フレアドライブ」までは威力の低い「かえんぐるま」で戦うことになるので、技マシンで「かえんほうしゃ」を覚えさせた方が強いです。

 

ゴウカザルはこうげき、とくこうがどちらも高く、素早さも高いのでエースアタッカーとしての活躍が期待できます。

しかし耐久は低いので、相手を一撃、二撃で倒せなかった場合はやられてしまう可能性もあります。

 

高速アタッカーで一気に勝負を決めたい人にオススメ!

 

 

ポッチャマ

 

出典:ポケモンずかん

 

水タイプのポッチャマ

シンオウ御三家の中では、進化前のポッチャマ、進化後のエンペルト共にルックスNo.1ではないでしょうか。

公式も推しているのか、他の2匹よりもグッズが多いです笑。

 


 

水タイプは汎用性が高く、覚える技も豊富なので、どのシリーズでも活躍しています。

ダイヤモンド・パール時代にはなかったフェアリータイプが追加されたことで、当時よりもさらに活躍の場が増えるでしょう。

フェアリーは鋼が弱点のため)

 

エンペルトに進化すると水・鋼タイプという全ポケモン中、唯一の複合タイプになります。

鋼タイプの追加により、草技が等倍になるので、水タイプだけでは相性の悪い草タイプのポケモンに堂々と出していけます。

しかし、鋼タイプが追加されたことで、相性の良かった炎技も等倍になってしまいます。

 

それに加え、格闘タイプも弱点になってしまうので、ゴウカザルに対して出せなくなってしまうのです。

御三家の相性関係が崩壊…。

 

ドダイトスのじしん、ゴウカザルのインファイトのような進化と同時に覚えられる強い技がエンペルトにはないのが悩ましいところ。

エンペルトに進化すると覚えるのは威力40のアクアジェット

レベルアップで覚えられる水技と鋼技がどれも威力がひかえめなのも難点。

レベル59でようやくハイドロポンプを覚えます。

 

そのため、技マシンを使うことが必須となるでしょう。

とはいえ、水タイプは弱点が少ないので不利な相手もあまりいません。

汎用性とルックス重視の人にはポッチャマがオススメ!

 

 

まとめ

 

シンオウ御三家は、本当にどれを選んでも強いです。

簡単にまとめると

 

ナエトル

  • 体力とパワーのある重量級
  • 様々なタイプの強力な技を覚える
  • すばやさが遅く、弱点が多い

 

 

ヒコザル

  • 火力と素早さの高いアタッカー
  • 格闘タイプを持つので活躍の場が多い
  • 耐久面が低い

 

 

ポッチャマ

  • 汎用性の高いタイプ
  • ルックスは3匹の中で一番
  • 覚える技があまり強くない

 

といった感じになります。

 

私はヒコザルがオススメですが、悩んだら自分が一番好きなポケモンを選べばOKです。

一番長く過ごすことになるポケモンなので、自分のお気に入りを選ぶのが一番ですね。

 


 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次