ポケモンの交換やマルチでレイドバトルができる掲示板はこちら

【ポケモンSV】最強ゲッコウガ対策予想シャワーズが強い?

当ページのリンクには広告が含まれています。

ポケモンスカーレット・バイオレットのテラレイドバトルに『最強のゲッコウガ』が登場するという情報が解禁されました。


人気投票で1位を取ったことがあるほど超人気なポケモン

前作ソード・シールドでは、出なかったのでなんと6年ぶりの登場です。

多くの方が再登場を望んでいたポケモンではないでしょうか。


そんなゲッコウガですが、以前のリザードンやエースバーンよりも難易度が高くなってるかもしれません……。

今回は、最強のゲッコウガが難しい理由対策におすすめなポケモンを紹介します。

ソロでも攻略できるポケモンとなっていますので、特に1人で挑む方には参考になります。


目次

最強のゲッコウガ


期間限定のテラレイドバトルで登場する『最強のゲッコウガ』

開催期間

  • 2023年1月27日(金)〜1月30日(月)
  • 2023年2月10日(金)〜2月13日(月)


最強レイド恒例の星7つのテラレイドバトルとなっています。

見事倒すと1回のみゲットできるので、この機会を逃さずに挑戦しましょう。


最強のゲッコウガは難しい?


最強のゲッコウガがリザードンやエースバーンよりも難しいと言われる理由は2つあります。

  • 優秀なタイプの組み合わせ
  • 技範囲が広い


引用:ポケモン公式ツイッター:https://twitter.com/Pokemon_cojp


今回のゲッコウガは、テラスタイプが『どく

それならばと、毒に相性のいい地面エスパータイプで行こうとすると…

ゲッコウガのもともとのタイプである水・悪でやられてしまいます。


さらにゲッコウガの豊富な技範囲

  • タイプ一致の「みずしゅりけん」、「つじぎり」、「あくのはどう」など
  • テラスタルと同じ毒タイプの「ダストシュート」
  • これに加えて「れいとうビーム」や「くさむすび」など

技範囲が広すぎて何を使ってくるか予想がつきにくくなっています。


かつてゲッコウガの専用技だった「みずしゅりけん(特殊)」は入ってそうで、

毒タイプの最大打点「ダストシュート(物理)」も入ってそう…

そうなると特殊型と物理型どちらで来るのか全くわからなくなってきます

もしかすると今回は両刀型で来るかもしれません……。


以上のことから

対策の難しいタイプの組み合わせ豊富な技範囲によって、文字通りの最強ポケモンがやってくることが予想されます。


対策ポケモン


非常に強いことが予想される『最強のゲッコウガ』におすすめなポケモンは2匹います。

  • シャワーズ
  • クレッフィ


他の候補として、

水技を等倍で受けられ、地面タイプを持つ『ガブリアス』もいます。

しかし、ゲッコウガが「れいとうビーム」を使ってきたらワンパンされるのと、防御を上げる技を覚えないので今回はおあずけ。

実際にレイドが始まり、「れいとうビーム」がないと分かったらガブリアスも入ってくると思います。


シャワーズとクレッフィが入る理由は、2匹とも優秀な積み技と『アシストパワー』を覚えるためです。

『最強のエースバーン』対策のヤドランと同じ立ち回りができます。

ヤドランはエスパーなので、ゲッコウガの悪タイプと相性が悪く、今回は使えません。


「めいそう」などの技でステータスを上げて、「アシストパワー」を使えば、ソロでワンパンもできるのではないかと思います。


シャワーズ


シャワーズはHPが高く、特攻もそこそこ高いので、今回のレイドで活躍できそうです。


特性は「ちょすい」で、水タイプの技を受けると回復します。

しかし、レイドポケモンは頭いいので、水タイプのシャワーズに対して水技を撃ってくることはなさそう……。


シャワーズの技構成

  • アシストパワー
  • とける
  • めいそう
  • ねがいごと

ヤドランと違い、アシストパワーがタイプ一致ではないですが、とくこう種族値はシャワーズの方が高いので、そこでカバーできます。


ヤドランと同じ立ち回りで、

  1. 防御を2段階上昇させる「とける」を3回
  2. 特攻と特防が上がる「めいそう」を2〜3回
  3. とどめの「アシストパワー

というやり方でソロでワンパンできます。


ゲッコウガが特殊型の場合、『めいそう』6回に『うそなき』で、ワンパンできそう

特殊か物理か、まだ分かってませんが、

物理の場合は『とける』を先に積み、特殊の場合は、『めいそう』を6回しましょう。


また、タマゴ技になりますが、回復技は『ねがいごと

回復できるのが次のターンになるので、HPが減ってきたら早めに使いたい。


クレッフィ


クレッフィは耐性が優秀な鋼とフェアリーの複合タイプ

ゲッコウガのテラスタイプ毒を無効化し、悪タイプを半減にするので活躍しそうです。


技構成は

  • アシストパワー
  • てっぺき
  • めいそう
  • ねむる(他もあり)


クレッフィもヤドランと同じく

  1. 防御を2段階上昇させる「てっぺき」を3回
  2. 特攻と特防が上がる「めいそう」を3〜4回
  3. とどめの「アシストパワー

という立ち回りができます。


しかし、ヤドランやシャワーズより種族値が低いのが不安なところ。

ゲッコウガが物理型か特殊型かによって、てっぺきとめいそうの順番を変えると比較的安定しそう。

これはシャワーズも同じ


回復技が「ねむる」しかないのも不安要素

「ねむる」を使うと全回復しますが、2ターン眠り状態になるので、「カゴの実」必須。

いのちのたま」を持てないのが痛いですが、その分「めいそう」を積めばなんとかなるかも……。


もう一つの回復手段として、「ドレインキッス」もあります。

与えたダメージの4分の3回復しますが、どくタイプはダメージ半減されるのであまり回復しません。

ないよりはマシといった感じです。


弱い部分もありますが、特性『いたずらごころ』により、先にてっぺきやめいそうが使えるのがいいところ。

マルチで行く場合、壁貼りなどのサポート役にもなるのがクレッフィの強みです。


まとめ


今回の最強レイドバトルは多くの方が予想していたとおり『ゲッコウガ』でした。

優秀なタイプと技範囲に加え、テラスタルが『どく』という非常に強い組み合わせとなっています。


最強のエースバーンで活躍したヤドランは使えませんが、同じ戦法ができる

シャワーズやクレッフィで行くのがおすすめです。


ゲッコウガの型がわかると、努力値ぶりも考えられるのですが、これは実際に戦ってみないとわかりません。

なので、今のうちにできることとしては、

レベルを100にすること、おうかんで個体値を最大にすることです。


始まるのはもう少し先なので、今のうちから準備をしておきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次