副業や在宅ワークを快適に!ゲーミングチェア「AKRacing」のレビューはこちら

【AKRacing Nitro V2 レビュー】蒸れや臭いはどうなのか?

テレワークや副業が快適になるようにゲーミングチェアの購入を考えていませんか?

僕もこうしてブログを書いたり、たまにテレワークがあるので、家で長時間座って作業することが増えました。

 

今まで床に座ってローテーブルで作業してましたが、すぐ疲れるし肩や腰に悪い……。

少しでも身体の負担を減らしたり、快適に作業がしたいと思い、

『AKRacing Nitro V2』を購入しました。

 

今回は、実際にAKRacing を使ってみたので、レビューしていきます。

 

目次

AKRacing Nitro V2 レビュー

 

ゲーミングチェアは、ゲーマーじゃなくても、仕事や勉強にも使えるので、どんな人にもオススメです。

今回、僕が購入したのは、AKRacingの『Nitro V2』というモデル。

 

色は、オレンジの5色
自分の好みや部屋の色に合ったものが選べます。

開封~組み立て

 

Amazonで購入し、翌日に届きました。

さすがAmazon

 

 

段ボールがめちゃくちゃデカい。

大きくて重いので、玄関から部屋まで運ぶのが大変でした。

配達員の方も大変そうでした。ありがとうございます!

 

箱の中身

 

さっそく段ボールを開けて中身を取り出してみました。

 

 

一つ一つのパーツが大きいので、組み立ては2人でやる方が良さそうです。

 

 

こちらは、組み立てマニュアル や こまごまとしたパーツ。

手を怪我しないように 手袋も付いていますが、僕はあまり使いませんでした。

細かい作業をやるなら、手袋しない方がやりやすいです。

 

組み立て

 

マニュアルに沿って組み立てていったら、問題なく完成しました。

 

 

うん、カッコいい!!

一人でやって、かかった時間は、30分程でした。

座面や背もたれを抑えながら、パーツを繋げたりするところもあるので、2人でやるのを推奨します。

 

 

座り心地

 

柔らかすぎず固すぎない、程よい弾力で、座り心地はとてもいいです。

実際に座るとこんな感じです。

 

 

身長 170㎝、体重 53㎏ の細身体形で、ちょうどいい幅と高さです。

 

Nitro V2 のサイズ

椅子の高さ 125.0-132.0cm
座面幅 37cm
座面奥行 56cm
座面厚さ 10cm
背もたれ高さ 92cm

参照:AKRACING公式サイト

 

Nitro V2 は、座面幅が他のモデルよりも狭くなってますが、細身~標準体型の方は問題なく座れます。

 

ゆったり座りたい方やガッチリした体形の方は、窮屈に感じてしまうかもしれません。

そういった方は、幅が 2㎝ 広く、背もたれが 3㎝ 高い 『Overture モデル』がオススメです。

アームレスト

 

アームレスト(肘置き)は上下に動かせるので、お好みの高さに調整できます。

 

 

パソコンで作業する時に肘が置けるのは、最高ですね。

 

 

実際にアームレストを調整してパソコンを使ってみたら、丁度いい高さになりました。

これがあると長時間の作業でも、腕が疲れにくくなります。

 

ただし、Nitro V2 のアームレストは、高さの調節しかできません。

角度や向きという痒い所に手が届かないのがデメリット。

このあたりも調節したい方は、値段が高くなりますが、上位モデル『Pro-X V2』がオススメです。

 

 

リクライニング

 

このゲーミングチェアは、なんと

180度まで倒せるリクライニング機能がついています。

 

ここまで倒せる椅子はあんまりないね

 

これで疲れた時は、背もたれを倒して仮眠ができます。

 

実際に180度まで倒して寝てみました。

 

幅が狭いので、寝るには少し窮屈……。

 

支えが脚の部分だけなので、頭の方から倒れるんじゃないかと心配になりましたが、大丈夫でした 笑 。

普通に寝るなら、140~160度 くらいが丁度良いです。

あと、腰についてるクッションは外したほうが寝やすい。

 

ゲームや仕事に疲れた時の小休憩にピッタリですね。

別売りのオットマンがあれば、足を延ばせるので、もっと快適に休憩ができそう!

僕は、オットマンを持ってないので、ベッドに足かけてみました笑。
高さが微妙ですが…けっこうくつろげます。

キャスター

 

床がフローリングだと、キャスターで傷つかないか心配になりますよね。

AKRACINGのゲーミングチェアは、PU(ポリウレタン)製のため、床が傷つきにくくなっています

 

 

1ヶ月以上使ってますが、傷は全くありません。

 

さらにキャスターが転がる時の騒音も小さいです。

フローリングに直接置くのが気になる方は、カーペットやマットなどを下に敷きましょう。

 

 

Nitro V2 の良い点・悪い点

 

次は、実際に使用して良かった点悪かった点について、解説していきます。

 

良い点

 

実際に、座って作業をしてみて 感じた良い点は、以下の通り。

 

  • 丁度いい固さ
  • 長時間座っても疲れにくい
  • アームレストが調整できる
  • 180度リクライニング機能
  • 高級感がある
  • やる気が上がる

 

良い座り心地

 

AKRacingの一番良いところは、丁度いい固さなので、長時間座っていても疲れにくいです。

それに加えて、アームレストの調整リクライニング機能もあるので、さらに快適な作業ができるつくりになってます。

 

高級感でやる気が上がる

 

また、PUレザー(ポリウレタンレザー)という上質な素材を使用しているので、水を弾き汚れを防ぎます。

 

こういった上質素材の高級感もあるので、

仕事や勉強のやる気も上がります!!(僕の感想…)

 

 

悪い点

 

良い点はとても多いのですが、悪かったと思う点もあります。

 

  • 蒸れる
  • ヘッドパットがズレる
  • アームレストの角度調節
  • 臭い

 

蒸れる

 

レザー製なので、汗を逃がす機能がなく、長時間座っていると どうしても蒸れてしまいます。

Amazonなどの口コミを見てみると、蒸れが気になる方は多いみたいです。

 

蒸れるのが嫌な方は、ファブリック(布)素材の Wolf モデルを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

僕はあまり汗をかかない体質なので、蒸れはそんなに気になりませんでした。

しかし暑い日は結構蒸れるので、扇風機を使ったり、

大きめのタオルを背もたれから座面にかけたりしています。

 

蒸れ対策に一工夫必要ですね

 

 

ヘッドパットのズレ

 

頭部に付いてるヘッドパット(枕)は、丁度いい位置に調整しても、すぐズレてしまいます。

といっても少し下がる程度で、作業中に後頭部を枕に付けない方は、気になるほどではありません。

 

臭い

 

PUレザーは、レーシングカーに使用されている素材のため、購入直後は新車の臭いがします。

このにおいの好き嫌いは人それぞれですが……。

僕は、結構気になりましたが、1週間くらいするとにおいはなくなります

 

買ったばかりの頃は、においが充満するので、部屋を十分に換気しましょう。

 

まとめ

 

Nitro V2 は、AKRacingの中でも、スタンダードなモデルで、値段が控えめ。

コスパ最高なので、初めてゲーミングチェアを購入する方には、かなりオススメです

 

定価 47,800円他メーカーと比べると高くなっていますが……。

それでも値段相応の機能があるので、買ってよかったと思ってます。

モデル別に特徴を解説した記事もあるので、こちらも参考にしていただけたら幸いです。

 

どのメーカーやモデルを買うか?

迷ったら家電量販店に行って、座ってみるのがおすすめ。

僕も実際に座ってみて、『Pro-X V2』と『Nitro V2』の違いがあまりわからなかったので、安い方を購入しました。

 

自分に合ったゲーミングチェアを購入して、在宅ワークやゲームを快適にしましょう。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次